VAIO typePは店頭モデルやSSD64Gモデルではどうしても、Vistaを使うにはディスク容量が気になると思います。
私の購入したVAIO typePもSSD64Gモデルで、ちょっと気を遣います。
そこで、ディスクの中に隠し領域として入っているリカバリ領域を削除してディスク容量を増やしてみようと思います。
このリカバリ領域、なんと9GBもありますので、かなりの容量確保に繋がると思います。
まず、何はなくとも、リカバリディスクを作成します。リカバリディスクを作成しないと、リカバリ領域を削除できませんし、出来たとしてもオススメできません。

当然ですが、VAIO typePはDVDドライブが付いていません。こればっかりはDVDドライブを誰かに借りるか、別途外付けDVDドライブを購入する必要があります。恐らくほとんどの外付けDVDドライブでリカバリ可能だと思います。
私は先日のエントリーでもご紹介したBUFFALOのDVDドライブ DVSM-P58U2でリカバリディスクを作成しました。
typeP (18).jpg
リカバリディスク作成後、VAIOロゴが表示されているところでF11キーを押すと外付けDVDドライブが認識されてリカバリ可能になります。
typeP (23).jpg
しばらくするとWindowsブートマネージャーと表示された画面になりますので、ここで「VAIOリカバリセンター」を選択します。
typeP (19).jpg
VAIOリカバリセンターが表示されたら、ここで「お買い上げ時の状態にリカバリ」を選択します。
この「お買い上げ時の状態にリカバリ」以外ではリカバリ領域を削除できません。
typeP (20).jpg
作業を進めると「VAIOリカバリデータ」を残しますか?と表示されますので、迷わず「削除します」を選択してください。
typeP (21).jpg
これで、リカバリを進めていくとディスク容量が増えます。
typeP (22).JPG
リカバリ中...
ディスク容量の少ないVAIO typePを使うのなら、まずこの作業は必須ですね。
Sony Style(ソニースタイル)
当ブログではこれからもVAIO typePをどんどん取り上げていきます。
VAIO type P ファーストインプレッション
ついにVAIO typePが我が家に来ました。
vaio typePを様々なモノと比べてみた。
VAIO typePのリカバリ領域を削除する方法
VAIO typePのスティックポインターの設定を変える

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。