So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

IFA2018 SONY製品のまとめと雑感 [その他SONY製品]

先日開催されたIFA2018のソニー製品についてまとめと雑感を書いてみようと思います。

はじめに今回のIFA、今までの平井さんから新CEOになった吉田さんに代わって初めてでしたが、なんかこう平井さんに代わった当初はこれからのソニーはこうしていくぞーって言う気合いが伝わってくる内容だったのですが、新CEOになった吉田さんからはそう言うのが全然伝わってこなくて、ちょっと心配になりました。

業績は調子良いですが、もうちょっとワクワクさせて欲しい気がします。

IFA 2018出展について

BRAVIA

まず、既に発表されている製品であるBRAVIAから

Sony MASTER Series TVs

image

BRAVIAは映像プロセッサにクアッドコアの従来モデルの2倍のリアルタイム映像処理を行う「X1 Ultimate」を搭載したMASTER Series(マスターシリーズ)がヨーロッパで発売されることになりました。

image

価格は有機ELのAF9が2,999.00ポンドなので、日本円でおおよそ43万円ぐらいでしょうか。今のA8Fが34万円ぐらいなので、10万近く価格が上がりそうです。

以前あった超ハイエンドモデルのBRAVIA Z9Dシリーズに匹敵する価格になりそうですが、画質は液晶と有機ELの違いはありますが、同等もしくはそれ以上かも知れないと思うとワクワクします。

日本でも発売予定なので秋ぐらいには出てくるでしょう。その際はソニーストアなどでその圧倒的な映像を見てみたいと思います。

オーディオ

image

オーディオは評価が非常に高いワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン1000XシリーズからWH-1000XM3が発表されました。

早くも3世代目となり、軽量化やノイズキャンセリングプロセッサーを搭載してノイズキャンセル機能が向上しているようです。今までもかなり評価が高かったですが、さらに磨きあげたようですね。

image

そらに独立型ワイヤレスイヤフォン WF-SP900 も発表されています。こちらは防水仕様で、Bluetoothで接続するだけでなく4GBのメモリも内蔵されています。ただ、ノイズキャンセル機能はありません。

image

MDR-Z7の後継モデルMDR-Z7M2も発表されました。Z7発売当時はハイエンドモデルでしたが、今だとなんだかお買い求めやすい価格に思えてしまいます…

と言うのもSignature Series の存在があるから。IFAでも紹介されたDMP-Z1

image

お値段8500ユーロ。つまり100万円。本体重量2.49kg

もう訳分からないぐらいの大きさと価格で一応持ち運びを想定されているため、よくもまぁこんなのOKが出たなぁと思いました。

ここまで思い切ったモデルを作れるのも今の好調ソニーの良いところなのかも知れません。

image

他にIER-Z1RやモニターイヤフォンであるIER-M9、IER-M7 など非常に充実していると感じています。特にモニターイヤホンはBAになってはいますが、あのMDR-EX800の実質後継になるわけで興味あります。

image

またポータブルスピーカーのSRS-XB501Gも発表されました。

重低音でピカピカ光る所謂パリピ仕様のポータブルスピーカーです。

防水機能もあり、海やプールではしゃぐ人達が使うイメージしかわいてこないですね…実際イメージ写真もそうですし(笑)

image

さらにひっそりとではありますが、ウォークマンAシリーズの新モデルNW-A50も発表されています。

これがなかなか進化していて、削り出しのアルミキャビネット、高級はんだ採用、bluetoothレシーバー機能、DSEE-HXのAI採用、ボタンなどがZXシリーズ譲りになるなどかなり中身も外観も変わっています。

ちょうどコンパクトなウォークマンが壊れてしまったので、かなり欲しいですね。Aシリーズは毎度マイナーチェンジを積極的にしてくるようになり、出るたびに驚きがあるモデルになりました。期待したいです。

サイバーショット

image

カメラはサイバーショットDSC-HX99/95が発表されました。24-720mmまでをカバーしていて、RX100M6の1/2.3型液晶タイプと言う感じでしょうか。

個人的には1インチより小さいセンサーのカメラってもう興味なくなってしまいましたが、コンパクトな望遠モデルを求める人には良いかも知れませんね。

Xperia

image

最後にXperia XZ3 です。Xperia XZ2がボロカスに言われている中、どのようなモデルが出てくるのか注目していましたが、驚きと失望の混ざった形で出てきたと思います。

image

まずは驚きの部分ですが、ここで突如ラウンド型の有機ELディスプレイを搭載してきました。しかも解像度2,880×1,440ドット(QHD+)です。ついにサイドがベゼルレスになりました。

さらにXZ2で不評だった厚みも改善され、最薄部3mmとかなり薄くなりスタイリッシュになっています。

ソフトウェアも進化が見られ、AIを随所に活用するなどトレンドを追っていて、おもしろいと感じます。

驚きの部分だけ見るとこりゃすごいと思いますが、失望した点は重さです。193gと言う重量は散々重いと言われたXZ2から5gしか軽量できておらず、ライバル端末に比べると30g以上の差がある事もあり、一体どうしてこうなった?感があります。

世界最軽量を連発していたとは思えない現状、XZ4では重量も克服して欲しいと切に思いました。

とは言え、やはりOLEDは良いですね。薄さも良い。実際のところXZ2の重さはライバルと比較すると全然ダメですが、個人的には妥協できる重さなので、XZ3は普通に欲しいです。

まとめ

見ているとオーディオは本当に勢いありますね。カメラも勢いありますが、ソニーがAV分野で好調なのは嬉しい限りです。

個人的に欲しいのはウォークマンA50とXZ3、そしてモニターイヤホンIER-M9ですこれからさらにαも新モデルが出てくると予想され、リリースラッシュも続きます。また楽しいんだけど財布に厳しいシーズンがやってきました。






タグ:IFA2018
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

エクスパンシス HP Directplus オンラインストア