So-net無料ブログ作成

VAIO Duo 13 レビュー (外観編) [vaio]

今回はVAIO Duo 13の外観をじっくりと見ていきたいと思います。

DSC00126

VAIO Duo13はソニーがスライダーハイブリッドPCと名付けている通り、デスクトップやノート、タブレットと簡単にカテゴライズできるようなPCではありません。いわゆる変形PCのひとつです。

Windows8が登場してから色々なメーカーから変形するパソコンが登場しました。SONYもFit AシリーズやTapシリーズなど、今までになかった形のパソコンにチャレンジしリリースしていました。

DSC00115

今回ご紹介するDuo 13はそのギミックが他の変形PCよりもメカメカしく特徴的で、瞬時にタブレットからノートPCへ変形します。これの意味するのはタブレット操作時に、キーボードやタッチパッドが使いたくなるシーンは結構な頻度であると思うのですが、その時に瞬間的にキーボードを呼び出せると言う事です。

この変形スタイルは前モデルのVAIO Duo 11の時から確率していましたが、Duo13では変形機構が大幅に見直され、ヒンジはより軽量・小型化された事により本体サイズはDuo11と同等サイズで13インチのディスプレイを搭載することに成功しています。これには本当に驚きました。

但し、Duo11の時からの問題点も一部で同じように引き継いでしまっており、その最もたるところがディスプレイの角度が調整できないところだと思います。ここに関しては実は私もあまり納得しておらず、もう少し何かあったのではないだろうか?次のモデルではきっと何かしてくれたのでは?と感じている部分でもあります。

さらにボタン類やNFCなども底面に集中しているところも変わらず、こちらも操作性と言う意味では良く無いところを引き継いでしまっていると感じました。

それでも、VAIO Duo13はギミック的にも非常に興味深いVAIOです。今回のレビューでより細部を見ていきたいと思います。

正面

Duo11から大きく進化したのはそのサイズです。

ディスプレイ回りのベゼルは薄くなり、フットプリントがなんとDuo11とほぼ同等になっています。11インチと13インチが同じなんてなかなか信じられないのですが、何度も書きますがこれが同じなのだからビックリします。

ディスプレイそのものもペン入力に対応したタッチパネルですがトリルミナス(R)ディスプレイ for mobileを採用することで非常に鮮やかで発色も良く、解像度もフルHDです。

DSC00078

ディスプレイの下にはWindowsのロゴ。ここを押すとスタート画面に戻ります。

DSC00079

上にはWebカメラ Exmor R for PCで、200万画素です。

DSC00081

画面左上にSONYロゴ

底面

DSC00062

底面ですが、すっきりしています。そしてこれだけ複雑な変形機構があるにも関わらずネジ穴がひとつも見当たらないのには驚きました。

DSC00063

手前に音量調整ボタンとASSISTボタンがありますが、正直押しにくい。

DSC00064

底にもカメラが付いています。こちらはExmor RS for PC で800万画素。

DSC00067

NFCも底にありますが、使いにくい場所です。

DSC00072

左奥にペンフック用の穴があります。

DSC00073

このようにペンフックを取り付けられます。

DSC00071

ちょっと分かりづらいですが、ペンフックの近くにペンスタンドがあります。

DSC00096

こんな感じに飛び出てスタンドになるような仕組み。

DSC00094

よく考えられていると思いました。

背面

DSC00076

右から電源入力、ヘッドホン出力、USB3.0が2つにHDMI出力になります。流石に端子類は少なめ。有線LANが無いのは痛いですね。VAIOって余分はいらない十分が欲しいではなかったのでしょうか….

DSC00128

ちなみにACアダプターはL字型でした。これはもうVAIOでは基本ですね。

注目すべきはカードスロットです。

DSC00074

メモリースティックが入る最後のVAIOはこのDuo13でした。

DSC00166

これもただの偶然とは思えませんでした。

サイド

DSC00056

正面から見てみると本当に薄く感じます。

DSC00058

電源ボタンはちょっと小粒で押しにくく思いました。

DSC00059

後ろにもSONYロゴがあります。外側が薄くなるような弧を描くデザインになっていて、薄くみせているのが分かります。

DSC00061

傾斜はありますが、ほとんどタブレットと同じ感覚です。

キーボードモード

DSC00084

キーボードモードの印象は少しカーブしていたりしてDuo11の時と雰囲気は変わったと思います。タブレットモード時は薄く見せるのに成功していて、キーボードモード時もデザインに特徴が出ていて流石だなと。

DSC00086

VAIOロゴはヘアライン。カッコイイ。

DSC00088

最近のインテルハイッテルのシールは本体カラーに合わせてきました。

DSC00091

タッチパッドは小さいですが、Windows8の機能もちゃんと使えます。でも、それほど使いやすくはないです。

DSC00093

キーボードはバックライト搭載です。(選択によります)

DSC00097

キーボードモードで横から見てみます。やっぱり薄い。

DSC00099

後ろから見たところ。急にメカメカしくなります。

DSC00101

ヒンジ部分が小さくなっているのが良く分かります。

DSC00104

ディスプレイ部分の傾斜。

DSC00106

ヒンジのVAIOロゴはミラー処理。

DSC00108

ヒンジはこれだけ薄いのです。

DSC00109

キーボードモード時のみ排熱処理がアップするため、CPUクロックが上がる仕組みになっており、Core i7選択時はクアッドコアのVAIO Zを上回るパフォーマンスを実現しています。

DSC00138

ここにケーブル類までスッキリとまとめられいて、Duo11とは構造的に大きく変化しているのが分かります。

DSC00114

キーボードモードになる時はキーボードの上にあるフックにディプレイを引っかける仕組みです。

DSC00134

こんな感じに引っかけます。

DSC00117

ディスプレイとキーボード部分は結構余裕がありますが、耐久性能は全く問題ないそうです。めちゃくちゃしなりますし、これで良く壊れないな…と関心してしまいます。

まとめ

DSC00112

あらためて細部まで見ていると、それぞれのギミックはもちろん、デザインにもこだわりがあり、ディスプレイの角度が変えられない以外は本当に良く出来ていると思いました。

DSC00125

SONYの安曇野モデル最後のVAIOとして恥じない素晴らしいデザインのモバイルパソコンだったのではないでしょうか。

レイ・アウト VAIODuo13用レザージャケット(フロントカバー)

レイ・アウト VAIODuo13用レザージャケット(フロントカバー)

  • 出版社/メーカー: レイ・アウト
  • メディア: エレクトロニクス
ハンドメイドレザーケース for VAIO Duo13 高級レザーを使い日本で制作したケース (ブラック)

ハンドメイドレザーケース for VAIO Duo13 高級レザーを使い日本で制作したケース (ブラック)

  • 出版社/メーカー: buzz-house design.
  • メディア: エレクトロニクス
ソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラック

ソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Personal Computers
ソニー SVD13219CJW VAIO Duo13 ホワイト

ソニー SVD13219CJW VAIO Duo13 ホワイト

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Personal Computers


私がVAIO Duo13 を購入した理由
VAIO Duo 13 レビュー (開封編)
魔法から伝説になる。VAIO Duo13 レビュー
VAIO Duo 13 レビュー (外観編)

ソニーストア

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 2

a

有線lanが無いのはinstantgoの制限ですよ
by a (2014-05-21 13:33) 

taiseiko

a さん
なるほど。そうでしたか。ありがとうございます。
by taiseiko (2014-05-31 21:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
エクスパンシス HP Directplus オンラインストア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。