So-net無料ブログ作成

魔法から伝説になる。VAIO Duo13 レビュー [vaio]

SONYが無機質なつまらないWindowsパソコンにかけた数々の魔法はパソコン業界に革命をもたらした。革命と魔法を引き起こした幾多のVAIOは我々が持っていたパソコンのイメージと固定観念をぶっ壊し、そして心を掴んだのは紛れもない真実である。

そんなVAIOを開発から製造まで行っているのがVAIOの里の愛称で親しまれている日本の長野県安曇野市のVAIO&Mobile事業本部である。しかし、すべてのVAIOがここで製造されている訳ではなく一部のハイエンドモデルや海外では生産が困難なモデルにのみ特化されてこの日本の安曇野で製造されている。

DSC00140

ソニーがVAIO事業を売却する事になり、惜しくもこの安曇野モデルの最後になってしまったのが、VAIO Duo 13 であった。これは誰が何と言おうと覆されない事実なのである。

今回、レビューするのは日本の安曇野でしか作ることができなかった、そしてSONYでなければ作れなかったVAIO Duo 13 のラストモデルになる。

レビューをしているとあまりの完成度に夢中になり、魔法にかけられたような感覚に襲われたが、PCの次世代であり、PCの未来であり、そしてテクノロジーが生み出した魔法をまざまざと見せつける安曇野でしか作ることができないVAIOがそこにはあった。

誰もがそのスタイルと変形に驚いたVAIO Duo11。タブレットからPCへ一瞬で変形するその姿は斬新でありながら実用的であり多くの人々を驚かせた。
その VAIO Duo 11 の革命をさらに進化させたのがVAIO Duo 13だと聞けば自ずとどの程度のものかは想像できると思うが、実際は想像以上の驚異的な進化だったのだ。

パーフェクトなデザイン

まずはそのデザインから見ていこう。

DSC00097

流れるようにタブレットからPCへ変形をするるSurf Slider方式は健在である。しかし、その構造は大きく変化している。
さらにスムーズにかつ優雅に変形するようになったのである。

DSC00103

それもそのはず変形とディスプレイを支えるヒンジ部分が小型化されているのだ。それでいて耐久性能も向上しているのだから、技術力の高さに震えてしまう。

DSC00113

この進化はPS2からPS3への進化に近い感覚なのかも知れない。

DSC00116

複雑な変形機構があるにも関わらず、それを全く感じさせないデザイン。

Duo11の時に感じたベゼルの厚みは皆無となり、非常にスッキリとした正面。

DSC00107

変形機構のキモとなるヒンジ。小型化に成功しシャープかつ洗練された。

DSC00091

タッチパッドも搭載され、普段通りの使い方も可能になりPCとしても理想に限りなく近づいている。もちろんキーボードはバックライトも搭載可能だ。

DSC00087

VAIOロゴなど細部まで非常に美しく、タブレットモード時はネジ穴ひとつ見当たらない。

DSC00131

この特殊な変形機構がありながらも工芸品のような美しさを持ち、そして強い耐久性までも持ち合わすことが可能にしているのはまさに安曇野モデルだからそこ可能にしたプロダクトである。

DSC00094

パーフェクト それ以外の言葉が見つからない。

それであるにも関わらず、あの世界を驚かせたVAIO Duo11とほぼ同じサイズ、そして同じ重量を実現している。
11インチと13インチが同じサイズで同じ重量なんてあり得るのだろうか。初めて聞いた時は耳を疑ったのは言うまでもない。

DSC00093

驚くのは外観だけではない。
PCとしてのパフォーマンスも次元を超えているのだ。
VAIO Duo13は世界最長のバッテリー駆動時間を実現している。
なんと公称値で18時間も持つと言うのだ。信じられない数字である。半日外で使っていてもバッテリーの心配など無用な世界をあなたは体験した事があるだろうか?今までビクビクしながらACアダプターも持ち歩いて結局重たいなどという経験をしているのではないだろうか?
ACアダプターも携帯しなくて良いストレスフリーを経験するともう過去には戻れない。付け加えて言うとこのVAIO Duo13は数日放置していてもほとんどバッテリーは減らない。

DSC00054

そしてスリープからの復帰なのだが、これが0.3秒というのだから驚きだ。ディスプレイが消えていただけなのでは?と思うぐらいの時間である。この速さはPCの次元を超えている。魔法を超えた奇跡と言っても良いぐらいだ。
さらにWindows 8のConnected Standby(スリープ中でもWindows 8のライブタイル更新やメールの受信、カレンダーの更新などが行える)にも世界で初めて対応しておりまさにタブレットとしての使い勝手をPCで実現させていることに他ならないのである。

タブレットは生活を変えたと言われているが、それ以上の事が可能なこのVAIO Duo13は我々の生活を更に高い次元へ導いてくれるであろう。

One Sony

https://taiseiko2.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_f23/taiseiko2/image/2013-10-27T13:33:35-2b81f.jpg

そしてデジタイザペンによる従来のパソコンと紙のノートを融合、NFCによるワイヤレスサラウンドシステムやレンズスタイルカメラなどの連携まで可能にしている。

DSC00122

加えてSONYならではの圧倒的に高画質なディスプレイもある。
オプティコントラストパネル、トリルミナスディスプレイ for mobile、X-Reality for mobile SONYのBRAVIAで培われた映像エンジンやパネル処理を余す事無く搭載しており
PCのレベルを超えた表現を実現しているのだ。
このディスプレイで写真を見れば、あの時の風景がよみがえり、映画を見れば、その世界に没入する事ができるに違いない。フルHD以上の解像度のディスプレイも登場しているが、解像度だけでは表現できない世界がそこにはあるのだ。

これらのテクノロジーはSONYだからこそ実現できる機能達であり、まさにOne Sonyが生み出した結晶だと言える。SONYならではの連携、そしてそれを高いレベルで再生ができてしまい、製品そのものが圧倒的な質感を持ち、誰が見てもカッコイイと思えるデザイン。これこそが、SONYのVAIOなのだと私は改めて感じた。

Windows8.1

Windows8は登場時は荒削りであったが、8.1、そして先日のupdateで使い勝手は洗練されて来ている。タブレットとしてもPCとしても使い心地がOSとしても高まってきている中それに最も相応しいPCは高速起動、世界最長のバッテリー駆動時間、タブレットからキーボードモードへ一瞬で切り替わる変形機構など今まで述べてきた事を振り返ると、VAIO Duo 13であるのは間違いない事実であろう。

DSC00120

そして伝説へ…

SONYのVAIOは残念ながら終わってしまう。このVAIO Duo 13を利用しているとまだそれが信じられない自分が居る。
なぜなら、これほどまでに未来を感じ取れるモバイルPCに私は触れた事がないからだ。今後もなかなか巡り会えないだろう。
改めてSONYのVAIO、安曇野モデルのVAIOの素晴らしさと技術力を感じたが、最後なのだからやむを得ない。今後はそれらが伝説になっていくのを見届けたいと思う。
そして、その伝説が新生VAIOチームでも受け継がれていく事を私は望んで止まないのであった。

※この文章は某ジャーナリスト?や一部のαブロガー?の方々に強くインスパイアされています。改めてこのようなVAIOのエントリーが最後になるのを非常に残念に思います。




レイ・アウト VAIODuo13用レザージャケット(フロントカバー)

レイ・アウト VAIODuo13用レザージャケット(フロントカバー)

  • 出版社/メーカー: レイ・アウト
  • メディア: エレクトロニクス



ミヤビックス OverLay Brilliant for VAIO Duo 13 高光沢 液晶 保護 シート OBSVD13

ミヤビックス OverLay Brilliant for VAIO Duo 13 高光沢 液晶 保護 シート OBSVD13

  • 出版社/メーカー: ミヤビックス
  • メディア: エレクトロニクス






SONY VAIO Duo13 タッチパッド専用 79/24/RH 保護フィルム 反射防止(マット)タイプ

SONY VAIO Duo13 タッチパッド専用 79/24/RH 保護フィルム 反射防止(マット)タイプ

  • 出版社/メーカー: Mobilemart
  • メディア: エレクトロニクス












ソニーストア

私がVAIO Duo13 を購入した理由
VAIO Duo 13 レビュー (開封編)
魔法から伝説になる。VAIO Duo13 レビュー
VAIO Duo 13 レビュー (外観編)

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
エクスパンシス HP Directplus オンラインストア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。