So-net無料ブログ作成

Windows Vista のUsersフォルダをDドライブにする [Windows (Windows Server)]

※Windows7の場合はWindows7のUsersフォルダをDドライブに移動するをご覧ください※

Windows VistaではユーザーディレクトリがXPまでのDocuments and Settingsから
Usersに変更されています。これもVistaをとっつきにくくしている原因のひとつだと思いますが、XPまでの方がむしろ分かりにくいと私は思っています。

本題にあるユーザーディレクトリをシステムドライブとは違うところに置くのにどういう意味があるのでしょうか?実は様々なメリットがあります。
まず、システムとは無関係のファイルを全て別のドライブに置く事によって、Windowsが不安定になる可能性が低くなります。
マイドキュメントなどのディレクトリもそうですが、IEのキャッシュやテンポラリーファイルなどは頻繁にファイルを書き換えたりしますので、その度にフラグメンテーションがおきます。それがユーザーディレクトリを別ドライブにすることで大幅に減らす事ができるのです。
また、万が一システムが壊れてWindowsが起動しない場合に陥ってもデータだけ取り出す事が容易になりますし、復旧作業も楽になります。

しかしXPでDocuments and SettingsをDドライブに移動させる方法はWebを検索するとよく出てきますが、なぜかVistaでは出てきません。
そこで、今回のエントリーではVistaでUsersディレクトリをDドライブに移動させてみようと思います。
**この方法は私が試した方法です。万が一、Windowsが起動しなくなっても責任は負えません。自己責任でお願いします。また、かならずバックアップを取ってください。リカバリ後が一番おすすめです。**

検証したマシンはVAIO VGN-FE92HSです。Vistaが発売された当初のtype Fです。
SN3D0056.jpg
1.
まず、システムファイルの移動などを行いますので、UAC(ユーザーアカウントコン
トロールを無効にします)
UAC.jpg
そして、フォルダオプションで”すべてのファイルとフォルダを表示する”にします。
フォルダオプション.jpg
これをしないと後でするファイルのコピーがうまくいかないことに気が付きました。
2.
次に新たにもうひとつ管理者権限のあるユーザーを作ります。名前はなんでも良
いです。
Vista02.jpg
3.
現在ログインしているユーザーをログオフして、先ほど作成したユーザーでログ
インします。

4.
Dドライブの直下にUsersと言うフォルダを作ります。

5.
先ほど作ったUsersフォルダにC:\ユーザーの中身を全てコピーします。
途中コピーできないファイルが出てきます。必ずスキップして下さい。

6.
レジストリエディタを起動します。
「Windowsキー」と「R」を押すと「ファイル名を指定して実行」が表示されますので、そこに
regeditと記入して実行します。
Vista03.jpg
7.
レジストリエディタが起動したら「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows NT」→「CurrentVersion」→「ProfileList」を開きます。

8.右側にある「ProfilesDirectory」のキー名をダブルクリックし、ProgramData以外の値をDドライブに作
成したフォルダ名(D:\Users)に変更します。例えば「%SystemDrive%\Users\Default」を「D:\Users\Default」に変えます。絶対にProgramDataは変更しません。

9.左のキーのリストを見ると「ProfileList」の下にひとつだけ?40桁くらいの数字を含む
キーがああります。上の手順と同じように「ProfileImagePath」を新しいフォルダ名に変更します。たとえば、「%SystemDrive%\Users\hanako」となっていたら、「D:\Users\hanako」に変えます。
すべてのキーについて「ProfileImagePath」を変更します。

このレジストリ変更後でWindowsを再起動すると本来なら変更されていますが、変更されていない場合のみ10を試してください。変更されていたら11まで飛ばして下さい。
10.
かなり深いですが、
HKEY_USERS\S-”40桁ぐらいの長い数値”\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Folders
にpictureやDesktopの場所を示している箇所があります。
ここを全てCからDに変更しましょう。

11.レジストリ変更後、Windowsを再起動させます。再起動後、本来のユーザーでログインします。Cドラ
イブのUsersを削除して先ほど作成したユーザーも削除してしまいましょう。これで終わりです。
暫く使ってみたのですが、希にCドライブにUsersフォルダを再作成してしまうアプリケーションが存在しますが、大体はうまくいっています。


お得ですね。私は絶対にVistaはbusinessとUltimateがおすすめです。Homeエディションには無いファイルのバックアップ機能と高度なセキュリティはXPには無いメリットだと思います。

Windows Vista StepUpgrade Home Premium to Ultimate SP1 優待版

Windows Vista StepUpgrade Home Premium to Ultimate SP1 優待版

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: DVD-ROM



タグ:Vista
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
エクスパンシス HP Directplus オンラインストア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。