So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘッドマウントディスプレイ ブログトップ
前の2件 | -

ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 のバッテリーユニットは今は不要? [ヘッドマウントディスプレイ]

ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3をしばらく使ってみて気づいた事はたくさんありました。画質の変化も感じましたし、付け心地の良さも感じています。

DSC08541

ただ、一番感じたのはバッテリーユニットの件でした。これは是非とも多くの人に伝えたいと思ったので、自分なりに感じた事を書いてみようと思います。

やはり私には不要だった。

当初購入する前にちゃんと調べてなかった私も私ですが、色々試してみましたがやっぱりバッテリーユニットは私には不要でした。今回2モデルが発表されましたが、私が購入したモデルはプロセッサーユニットとバッテリーユニットは有線のHDMIケーブルで接続するタイプです。つまり、上位モデルであるワイヤレスタイプの廉価モデルです。それでも、バッテリーユニットに直接HDMIケーブルを接続することで視聴可能に作られており、ヘッドマウントディスプレイをモバイル出来ることをソニーは謳っています。

DSC08531

モバイルすると言う行天の発想はスゴイ

ヘッドマウントディスプレイをモバイルすると言う発想はスゴイと思います。普通こんなのモバイルしないでしょう。思いつきもしないだろうし、それが通るのがスゴイと思います。きっとヘッドマウントディスプレイをしている人を新幹線や夜行バスで見たらみんな引くと思います。多分、モバイルと言う考えは有線タイプの理由を考えた時の後付けなのではないだろうか?と私は思っているのですが、単純にそれだけで終わらないでMHLでスマホ対応などしているのは流石だと思うのです。

DSC08644

ケーブルだらけに

で、何が不満かと言いますとバッテリーユニットのせいで、プロセッサーユニットありきで利用していても、充電が必要になってくることなのです。HDMIケーブルで多少なりとも充電されるようですが、有線で鑑賞中にバッテリー切れになった時は閉口しました。ケーブルでつながっているのに、映画の真ん中にバッテリー切れのアイコンが突然出てくるのです。「あり得ない!」と心の中で叫んでしまいました。

バッテリーユニットは絶えず充電を意識しなくてはいけなくなったことで、必然的に使うケーブルは増えてしまいます。プロセッサーユニットのACアダプター、バッテリーユニット充電のためのACアダプター。そしてバッテリーユニットとプロセッサーユニットを接続するためのHDMIケーブル。もうケーブルだらけです。映画を鑑賞しようとヘッドマウントディスプレイを取り出す時も煩わしくて仕方ありません。さらにコンセントもひとつ余分に使わざるを得なくなってしまいました。特に私の場合、ワイヤレスのサラウンドヘッドホンMDR-HW700DSも繋げているので余計カオスに…

多少目をつぶって使い続けていたのですが、鑑賞中にバッテリーが切れてしまいついに不満爆発と言う訳であります。

3D鑑賞には最適なだけに

DSC04006

いくつか3D blu-rayを購入して見てみましたが画質も音質についても初代機より大幅な進化を感じて満足しているだけに、この点だけが本当に勿体ないと感じています。今までのユーザーのアンケート結果などは私もちょこちょこ耳にしていましたので、ワイヤレス化は求められていたのは確かだったと思います。でも、これが求められていた姿じゃないだろうと。

散々文句書いてますが、どうするのがベストだったのかは分かりませんが、私は今まで通りの運用が不便になってまでワイヤレスを実現して欲しいなんて思っていもいませんでした。

ただワイヤレスタイプを購入していたら感想は変わったのかも知れません。それでもバッテリー駆動時間などの問題はより顕著に出てくるので、ひょっとしたらもっと厳しい事を言っている可能性だってあると思っています。

DSC08617

次に期待

ワイヤレスが先だったのか、モバイルしようとするのが先だったのか、同時の発想だったのかは担当の方に聞いてみなければ分かりませんが、もうちょっと練って欲しかったです。このHMZシリーズは3代目になりますが、実際問題として世の中にヘッドマウントディスプレイそのものも浸透していないですし、発展途上段階の商品であるのは間違いありません。なんだかんだで3世代も続けて出してその度にチャレンジされているのはスゴイ事だと思います。私は今回は厳しい判断を下しましたが、次回はきっとより良い商品に仕上げてくれると期待していますし、ソニーなら出来ると信じています。つまり今年も引き続き出してください(笑)

DSC08649

最後になりますが、あくまで私個人の意見でして、これだけがヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3の評価では無い事を理解して頂ければ幸いです。バッテリーユニットだけが不満でそれ以外は全く不満の無い素晴らしいプロダクトですから。






パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]

スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3Dスーパーセット [Blu-ray]

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3Dスーパーセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



マン・オブ・スティール 3D & 2D ブルーレイセット (初回数量限定生産) [Blu-ray]

マン・オブ・スティール 3D & 2D ブルーレイセット (初回数量限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



アイアンマン3 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]

アイアンマン3 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray



ソニーストア

自分だけの世界を作り出す。HMZ-T3とMDR-HW700DS
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 ファーストインプレッション
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(開封編)
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(外観編)
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 のバッテリーユニットは今は不要?

ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(外観編) [ヘッドマウントディスプレイ]

年をまたいでしまいましたが、ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3のレビューを続けたいと思います。今回は外観を見ていきます。

DSC08559

ヘッドマウントディスプレイですが、HMZ-T3からヘッドマウント部、バッテリーユニット部、プロセッサーユニットと3つ構成になっています。それぞれ分けて見ていきます。

ヘッドマウント部

DSC08541

初代HMZ-T1と二代目のT2はデザイン上ほとんど大きな変化はなかったのですが、3代目に当たるHMZ-T3はかなり変化しました。まず、本体カラーがブラックになりデザインも変わりました。それによって付け心地も劇的に良くなりましたし、何より最大の特徴であるバッテリーユニットを搭載して使う場所を選ばなくなったのです。

DSC08542

本体の真正面の一番目立つところにSONYロゴ。ちょっと主張し過ぎな気も。色合いや大きさも主張し過ぎだと思うのです。

DSC08543

前から見たところです。

DSC08545

横から見たところ。かなりカッコイイ曲線を描いています。

DSC08546

後ろから見たところ。以前からヘッドバンドは2つだったのですが、T3からは結構太いバンドに変更されました。

DSC08547

裏返して見てみます。

DSC08549

コントロール部分をアップで。あまり大きな変化は無いのですが、実際に表示されるメニューはかなり変更されていました。

そしてヘッドマウントユニットのレンズ間隔の調節が左右それぞれ独立して動くようになっていたりする細かい変更も。

DSC08607

電源ボタンとメニュー。質感が上がりましたね。

DSC08551

レンズ部分見るとウルトラマンセブンのような(古)

DSC08603

下部のライトシールドを取り付けた状態。遮光性は増しましたが、取り付けるのはさらに面倒になったと思いました。

DSC08605

横まで光を遮る構造になっています。

DSC08552

ヘッドバンドストラップですが、これが結構動く。

DSC08554

私はかなり頭が大きいのですが余裕になりました。

DSC08561

バンドの長さの調整も初代に比べてやりやすくなっています。

DSC08555

ヘッドパッドはサイズの変更ができなくなったのですが、こちらも駆動範囲が大きくなっています。

DSC08556

付け心地もかなり向上しました。

DSC08558

本当に装着感は劇的な進化をしていると感じています。

バッテリーユニット

DSC08530

バッテリーユニットはヘッドマウントディスプレイ部と有線ケーブルでつながっており分離することはできません。

DSC08531

個人的にはバッテリーユニットに関しては否定的で、実際ほとんど活用していないのですが、それは置いておいてバッテリーユニットの外観を見ていきます。DSC08532

Xperia Zと並べてみましたが、結構コンパクトです。

DSC08535

サイドは何もありません。

DSC08537

手前も放熱用?と思われるスリットのみ。

DSC08538

裏はケーブルが飛び出ていますが、これがヘッドマウント部とつながっています。これも脱着式で直接プロセッサーユニットにつけられたら良かったのですが。DSC08539

HDMIとマイクロUSB。MHL対応なので、Xperiaなどと繋いでモバイルで見れるという訳ですね。MHLはまだケーブルも割高ですし、対応機種じゃないと使えないのでなかなか導入のハードルは高いですが、試してみたいと思います。

DSC08597

HDMIケーブルやマイクロUSBケーブルを取り付けた状態。

裏側。こちらも特に何もありませんでしたが、ゴム足が付いていたので耐久性が少し気になります。

プロセッサーユニット

DSC08571

最後にプロセッサーユニットです。これはかなり質感が向上していて驚きました。初代は結構適当な感じがしていたからです。

DSC08572

本体の右手前に電源ボタンとセレクター。カッコイイ。

DSC08573

正面。プラスチックだと思いますがガラス張りのようなデザイン。HDMI出力とヘッドホン出力があります。

DSC08577

ヘッドホン出力が金メッキ加工と本気出し過ぎです。

DSC08578

サイドは何もありませんでした。

DSC08579

驚いたのがHDMIの入力が3つに増えていた事。もちろん出力もあるので、パススルーが可能です。

DSC08580

ただ、ネジ丸出しデザイン。後ろなので気にするなと言われそうですが、気になります。

DSC08595

ACアダプターを取り付けたところ。

裏はすっきりしていました。

DSC08584

Xperia Zと比較。大きすぎずかと言ってコンパクトとも思わないサイズです。

DSC08592

プロセッサーユニットとバッテリーユニットはHDMIケーブルで接続します。

まとめ

3ユニット構成になって思うのはメリットもデメリットもあるという事。当たり前と言えば当たり前なのですが、これほど痛感したプロダクトも珍しいです。メリットは移動して使えるようになったこと。多少なりともヘッドマウント部の軽量化に貢献していると思われる事でしょうか。逆にデメリットはケーブルが多くて煩雑になった事です。

ヘッドマウント部は本当に付け心地が良くなりました。この進化は劇的だと思います。ただ、デザインは前の方が好きでした。



ソニーストア




パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]

スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



アバター+タイタニック 3Dブルーレイセット<6枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]

アバター+タイタニック 3Dブルーレイセット<6枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



マン・オブ・スティール 3D & 2D ブルーレイセット (初回数量限定生産) [Blu-ray]

マン・オブ・スティール 3D & 2D ブルーレイセット (初回数量限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



自分だけの世界を作り出す。HMZ-T3とMDR-HW700DS
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 ファーストインプレッション
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(開封編)
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(外観編)
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 のバッテリーユニットは今は不要?

前の2件 | - ヘッドマウントディスプレイ ブログトップ
エクスパンシス
メッセージを送る