So-net無料ブログ作成
検索選択
その他SONY製品 ブログトップ
前の2件 | -

ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(外観編) [その他SONY製品]

恐らく今年最後のエントリーはポータブルヘッドホンアンプ PHA-3のレビューをお届けします。

DSC00897

このPHA-3ですが先に音質のレビューを完結してしまったので、順番がめちゃくちゃになってますが、最後に外観を見ていきます。

DSC00879

上から見たところ。

DSC00880

ちょっと傾いてしまいました。SONYロゴが縦向きだから正確にはこちらが正面なのかな。

DSC00888

ハイレゾロゴはシールです。

DSC00887

横からみたところ。角は丸みを帯びていてずんぐりとした印象。

DSC00883

逆サイド。GAINスイッチとDSEE-HXのスイッチがあります。

DSC00884

スイッチの感覚は好きです。カチッと切り替わります。

DSC00881

さてこのPHA-3ですがウォークマンだけでなく様々なデバイスと接続可能です。

DSC00882

接続端子は裏側に集中。裏はほとんど入力端子になりますが、ヘッドホンで出力しない場合のLINE OUTだけAUDIO INと兼ねてあります。でも、ここはほとんど使わないと思います。

DSC00896

電源はマイクロUSB。そのためか充電時間は長いです。今ならUSB3.1 Type-C とかにするのかな。

DSC00892

ウォークマンに取り付けた時はこのような感じになります。ウォークマンに付けるのはもうちょいスマートになって欲しいところ。

DSC00885

正面はヘッドホン出力と電源とボリュームを兼ねたスイッチ。

DSC00886

電源オンの時などは緑に光ります。ただスタミナ性能は短いですが、家でしか使わないのであればあまり問題はないかな。

DSC00893

アンバランスつまりノーマルヘッドホンを取り付けた場合。

DSC00894

バランスでヘッドホンを付けた場合。

DSC00890

大きさ比較としてウォークマンZX2と並べてみました。

DSC00891

デザインなどは意識して似せていると思います。

DSC00898

ZX2とデザインは似通っていますが、ZX2でもZX100でもA20、いやXperiaでも接続する機器で音は特に大きな変化はありません。ただ、ハイレゾ再生できてデジタル出力できないとダメなのでそこは注意が必要です。

PHA-3はベストバイにはなりませんでしたが、非常に満足度の高い製品です。(一応私の中で3位でした)ポータブルヘッドホンアンプの他の製品は知らないですが、ここまでのヘッドホンアンプはあまり無いと思えるぐらいパワフルだと思います。MDR-Z7と必ずセットで欲しい一品です。



SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス









SONY ウォークマン ZXシリーズ 128GB ハイレゾ音源対応 Android搭載 ブラック NW-ZX2-B

SONY ウォークマン ZXシリーズ 128GB ハイレゾ音源対応 Android搭載 ブラック NW-ZX2-B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 XBA-Z5

SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 XBA-Z5

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その1)
PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その2)
PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その3)
MDR-Z7 レビュー (開封編)
MDR-Z7 レビュー(外観編)
ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(開封編)
ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(外観編)


MDR-Z7 レビュー (開封編) [その他SONY製品]

MDR-Z7 は新しいソニーのハイエンドモデルのヘッドホンです。もう、製品としてのレビューも完結してしまっていてレビューの順番がおかしいですが、先日、購入しましたのであらためて開封レビューをお届けします。

MDR-Z7 ですがかなり曲者のヘッドホンなので、買ったは良いけど満足できていない人は多分多いような気がします。これほどまでに再生側の影響を受けるヘッドホンはソニーでは珍しいと思いました。少なくとも私は初めてだったのでビックリしましたね。必ず出力が高いアンプとセットで使って欲しいと思います。間違えてもXpeiraやウォークマンAシリーズと使ってはいけないです。必ず後悔すると思います。

パッケージ

DSC09065

パッケージは大きいです。白地がベース。

DSC09068

こちらは裏側です。

DSC09070

厚みはこれぐらいあります。

開封

DSC09075

上から広げるタイプでした。

DSC09076

取りだすと最近ではお馴染みになった黒い化粧箱。真ん中にSONYロゴです。

これ本当にそれほど大した梱包でも無いのですが、あるだけでかなり高級感でるので私は好きです。

広げるといきなり本体。

DSC09099

ケースの上にはシリアルナンバー。

DSC09081

左側にケーブル類が梱包されていました。

DSC09082

一式取りだしたところ。

MDR-Z7はバランス接続対応です。MDR-1Aもバランス接続対応ですが、Z7はバランスで聴くことを推奨しているかの如くケーブルが初めから2種類入っていました。

DSC09084

バランス接続用のケーブル。

DSC09087

別売りでKIMBER KABLEもありますが、標準でも金メッキです。

DSC09089

ヘッドホンとの取り付けはネジで固定します。ただの抜き差しだった1Aとはここでも差があります。

DSC09090

こちらはアンバランス接続用のケーブル。ケーブルはそれぞれ3メートルもあるので外ではかなり使いずらい。

DSC09094

説明書はこんな感じです。PHA-3を推奨していますが、私も推奨します。

DSC09101

MDR-Z7については過去のレビューも是非見てください。PHA-3とセットでほしくなること間違いありません 笑









SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



SONY 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 ブラック MDR-1A/B

SONY 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 ブラック MDR-1A/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス


PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その1)
PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その2)
PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その3)
MDR-Z7 レビュー (開封編)
MDR-Z7 レビュー(外観編)
ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(開封編)
ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(外観編)
前の2件 | - その他SONY製品 ブログトップ
エクスパンシス
メッセージを送る