So-net無料ブログ作成

SONY CES2018 まとめと雑感 [その他]

アメリカラスベガスで開催されたCES2018。今年も新年早々色々発表されましたので、ソニーの情報をまとめと雑感を書いてみようと思います。

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201801/18-002/index.html

今年はかなり控えめな発表の印象でした。特別目新しいプロダクトはなく、現在発売されている商品のアップデート版と言う感じに。徐々にCESに対しても力の入れ方が減ってきているのでしょうか…

まずはBRAVIAから

image

BRAVIAは新デザインのモデルである有機ELのA8Fなどが発表されましたが、最大のトピックは次世代エンジンのX1 Ultimate でしょうね。8Kに対応したエンジンと言う事で、8Kディスプレイも参考展示しているようです。

画質はかなり良いとの評判ですが、発表された新型BRAVIAにはまだ X1 Ultimateが搭載される予定がなく、これを見せられて次のBRAVIA買うの躊躇してしまう人が増えるのでは…?なんて思ってしまいました。

多分、年末に何かしら X1 Ultimate搭載モデルが出てくると予想されているようですが、それが8K BRAVIAになるのか何になるのか全く分かりません。

パネルはすべて他社から供給されているソニーとしてはエンジンで勝負なのでここはどんどん攻めて欲しい部分です。

image

UHDプレーヤーも新型のUBP-X700が発表されています。こちらも2代目ですが、日本ではそろそろレコーダーもUHD対応してほしいところです。

image

オーディオではスポーツタイプの完全ワイヤレスイヤホンである WF-SP700N が発表されました。WF-1000Xはちょっと初期モデルだったのでスルーしましたが、ノイズキャンセルに防水機能とこれはついに本命が来たのでは?と思いました。

ただインタビューではアップデート後のWF-1000Xと同等レベルに途切れなくなったと開発者の方は言っているそうですが、それって大丈夫なんだろうか…と思ってしまうのは私だけではないでしょう。

なんせWF-1000Xはあらゆるレビューで音切れがヒドイと酷評でとても積極的に購入しようと思えるレベルに達していないからです。どこまで改善されているのか発売まで見届けたいですね。

その他にもヘッドホンが発表されましたが、Googleアシスタントに対応するのが今年のトピックの一つのようです。

そしてXperia

image

今年のXperiaは色々な意味で注目だと個人的には思っています。どのような端末が出てくるのか期待して見ていていたのですが、発表された端末はXA2、XA2Ultra,L2と言った所謂ミドルクラスの製品ではありますが、ちょっとこれはやる気がないんじゃないのかな…としか思えませんでした。

みたことあるようなデザイン。何か新しい提案もなく、会場ではセンサーのアピールに留まる程度と風向きが怪しい感じでした。まだ本気のモデルではないですが、とても戦っていける感じはしなかったです。もともとアメリカではXperiaは元気がないのですが、これ以上戦うつもりはないように受け取れてしまいました。

image

その他先日日本で発売が開始されたAiboやLife Space UXで新型の4K超短焦点プロジェクターLSPX-A1などが発表されています。

今の時代、AIに絡めたり既知の製品とは全く異なるベクトルの製品が多数出てくるようになって、目まぐるしく変化しているなぁと感じていますが、その中心にあるのは果たして何なのでしょうね。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

GIZMON Utulens レビュー [α/Cyber-shot/Handycam]

「写ルンです」の持つ魅力的な描写を、各種ミラーレスカメラでも楽しむことができる、薄くて軽いパンケーキレンズとして話題のGIZMON Utulens ですが、昨年私が購入した中でワーストバイにしてしまいました。あくまで私が使うのにはワーストであっただけで、そんなに悪い商品ではないと思います。

今回はそのGIZMON Utulens で撮影した写真などを紹介しながらレビューをしたいと思います。

撮影はすべてSONY α6000 です。

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/22710991_282140642305624_7400886773141733376_n.jpg

このレンズですが、32ミリの単焦点、F16固定で最短焦点距離は1メートルになります。

物理的にフォーカスをあわせるのは不可能に近く、パンフォーカスでパシャパシャ撮る感じになるので、特に何も考えなくても撮れます。フルサイズなら32ミリ、APS-Cであれば48ミリとほぼ標準的な焦点距離なのも撮りやすい理由の一つだと思います。ただ、最短焦点距離は1メートルなので、寄れないからテーブルフォトとかには向きません。スナップ向きです。

上の写真は購入した翌日に通勤前の京都駅周辺でパシャパシャと撮影しただけなのですが、十分ノスタルジックな雰囲気が簡単に出せていると思いました。GIZMONのサンプルよりはマシに撮れているんじゃないでしょうか(笑)

パッと見なかなか良い感じに思いましたが、撮った後の写真を見ると自分には満足度が低かったです。確かにノスタルジックな雰囲気は出せてますが、表現するには物足りなく、ピントもちゃんとあわせられないのが微妙にストレスになり、これならば安いオールドレンズ買った方がまだ楽しくて綺麗な写真撮れるだろうなと言う結論に至ってしまいました。やはり私はカメラで撮ったからにはちゃんとして残したい気持ちがあるようです。このレンズで撮った写真はあまり残したいとは思えませんでした。

ある程度買う前から分かっていたのですが、半分はネタで買ったので不満はありません。

と言う訳で個人的にはワーストバイでしたが、この懐かしいような古めかしさが気に入った人には買いかもしれませんね。特に最近は若い子の間で写ルンですが流行っているそうなので、持っているカメラに取り付けたら結果的に安上がりになるのではないでしょうか。







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
エクスパンシス HP Directplus オンラインストア
メッセージを送る