So-net無料ブログ作成

コスパが良い三脚 Velbon Sherpa 435II を購入しました。 [その他]

三脚を購入しました。今までもイオンで適当に購入した安物の三脚と父親のおさがりと2つを兼用して使っていたのですが、どちらも高さが無く、そしてついに先日ひとつが壊れてしまったので、購入に踏み切りました。

購入する前の条件はおおよそ1万円ぐらいの価格帯、そして高さがカメラを置いた時自分の目線ぐらいには最低あること。この2つです。

その条件の中でヨドバシカメラに出向いて店員さんと話をして購入したのが、Velbon の Sherpa 435II です。高さはEV(エレベーター)含めて165cm もありながら価格はジャスト1万円。店員の方曰く雲台の調整もこの辺りの価格帯にしては珍しく調整が容易に作られていて抜群のコスパです。との事だったので、迷わずに買いました。

DSC09330

パッケージ。本当は帰りに試し撮りにでも行こうかな?と思うぐらいの気持ちでしたが、持ち帰り用に手配してくれたのでそのまま持って帰ることに。

DSC09331

ケースが付いています。このクラスになると付属していないのもあるので要注意。

DSC09332

ちなみに今まで使っていた三脚との比較です。しょぼ。

DSC09334

雲台ですが、レバーをグリグリ巻かなくても半分回転で調整できます。これが楽。

DSC09335

但し、レバーは合体させないと袋に入りません。そのため、初めは合体した状態で梱包されているので、どうやったらいいのか分からずに困惑しました。

DSC09336

カメラの取り付けも楽です。ロック機能があって載せるだけでパチンと止まる。夜とかあかりの少ないところで取り付けるので楽なのが良いです。

DSC09339

取り付けのネジ。安物だとマイナスドライバーで付けないといけないのですが、これは大丈夫。

DSC09337

高級モデルと比べたらヘナチョコですけど、足は結構しっかりしていると思います。試しに使ってみましたが、それなりにガタつきませんでした。でも過度な期待はしてはいけません。

DSC_0039

α6000に取り付けてみましたが、目線よりも若干高めでした。結構背が高い方なのですが、これは嬉しい。

実際に実践で使ってみました。

場所は伊丹空港近くの千里川の土手と梅田のスカイビルです。千里川の土手は飛行機の離発着が間近で見る事ができる飛行機やカメラファンには聖地とも言える場所。

大型機の着陸時は風圧が凄く、また風もそれなりに強い場所、目の前には進入禁止の柵もあります。また土手なので安定しているとは決して言えないところで使ってみました。

DSC09466

正直、結構揺れましたが、手前の柵がカメラに入らないぐらいの高さはギリギリありました。Sherpa 435II がザコに見えるぐらいの三脚に囲まれ、α6000がおもちゃに見えるぐらいのカメラにも囲まれた中でしたが、それなりに使えたと思います。

続いてスカイビルですが、こちらのビルは展望台で三脚の利用が禁止されていない珍しい高層ビル。最近は外国人に人気でかなりの人混みですが、三脚使う余裕はあります。揺れないし、高層ビルの屋上なので風はありますが飛行機程の風圧もないので余裕でした。シャッタースピードは15秒ぐらいでもビクともしなかったです。

DSC09492

と言う訳でなかなか良い買い物をしたと思います。ミラーレスカメラには最適な三脚ではないでしょうか。これからの季節活躍してくれそうです。






世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書(改訂版)

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書(改訂版)

  • 作者: 中井 精也
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000-B

SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000-B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



ソニー 「α6000」用ボディケース「LCS-EBC」(ブラック) LCS-EBC-B

ソニー 「α6000」用ボディケース「LCS-EBC」(ブラック) LCS-EBC-B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス









エクスパンシス
メッセージを送る