So-net無料ブログ作成
検索選択

LG 4K OLED(有機EL)TV 55EG9600 レビュー 外観編 [SONY以外のデジモノ]

ソニーが世界初の民生用有機ELTV(OLED TV) XEL-1を発売したのは2007年のことでした。

image

それはそれは衝撃的なデビューでした。しかしディスプレイは僅か11型。パネル解像度も960x540ドット止まりでした。

そしてそれから10年も過ぎていない状況で、ライバルメーカーは有機ELの大型化、そして4K解像度の量産化に成功し、発売を始めています。(ソニーも開発中のものは出てますが民生用の量産化は未定)

DSC09180

LGの 55EG9600

なんと55インチの巨大サイズで4K(3840×2160)解像度。そして衝撃の有機ELです。

まさに次世代TV。このTVのレビューをするなんて思ってもいませんでしたが、実家に帰ったらリビングに置いてあったのでビックリしました。今回は外観レビューをしたいと思います。

DSC09175

このテレビの見た目の特徴は湾曲ディスプレイだと思います。日本国内ではほとんど売られていませんが、海外では結構多いと聞きます。BRAVIAの一部機種も海外で湾曲ディスプレイで発売しています。正直、3Dテレビぐらい流行るのかどうか怪しい気がしていますが、曲がってても見ているとあまり気にはならないですね…

DSC09177

そうは言っても結構曲がってます。

DSC09179

横から見ると有機ELと言うのもありますが、カーブしているのもあって良く見えます。視野角は液晶とは比較にならないですね。ただ、写り込みも半端ない。

DSC09165

ディスプレイは超薄いです。最薄部はわずか0.6cm ベゼルもほとんどなく見た目はまさにディスプレイのみ。

DSC09162

とは言っても下の方はまぁまぁの厚みがあります。

こちらは背面から見たところですが、裏側は黒ではなく白になっています。

DSC09164

LGのロゴって言ってはなんですが、ダサイですね…

DSC09169

端子類は全て右側に集中しています。左側には一切の端子類がないです。配線類は良く調べておく必要がありそう。ちなみにHDMIは入力が3つしかありません。

DSC09171

アンテナ類も右側に集中しています。

DSC09185

スタンドもアーチされたデザイン。

DSC09172

スタンドはヘアライン処理されており、OLEDの文字が。

DSC09174

ディスプレイ下のLGロゴは光ります。昔のBRAVIAみたいな光り方。

DSC09187

リモコン。至って普通だと思います。

まとめ

薄型ベゼルかつ激薄のテレビってほとんどディスプレイになってしまうので、様々なメーカーがありますが、デザインに差異がほとんどありません。あってもスタンドやロゴの位置、ベゼルの処理で差を作るぐらいでしょう。そしてここまでベゼルが薄いと55インチでもかなり小さく感じました。

この55EG9600は湾曲ディスプレイと言う事もあり、スタンドもカーブさせてオリジナリティを少しでも出そうとしていると思います。ディスプレイの角の処理もテカテカで悪くはない。ちょっと裏側が白なのが個人的にあれ?っと思いましたが、普段は見えないところですのでそれほど気にする必要も無いかも知れません。

それでもHDMIなどの端子類が少ないのが若干気にはなりますが、総じて一般的なデザインだと思いました。

さて、肝心の画質ですが、ちょっと見た感じでは地デジレベルではそれほどスゴイとは思わないです。地デジだとアップコンバート技術の方が大事だと改めて思いました。ただ、視野角と黒の表現はやはり段違いです。黒の映像が中心のコンテンツなんてめったにないですが、黒バックにタイトルロゴの画面とかWOW!ってなります。今後、時間が取れた時にじっくりと画質を見ていくつもりです。






SONY PVM-1741A 17型業務用有機ELモニター

SONY PVM-1741A 17型業務用有機ELモニター

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



LG電子 65V型4K対応液晶テレビ【3D対応】 65EG9600

LG電子 65V型4K対応液晶テレビ【3D対応】 65EG9600

  • 出版社/メーカー: LG電子
  • メディア: エレクトロニクス



LG電子 コミュニケーションカメラ AN-VC550

LG電子 コミュニケーションカメラ AN-VC550

  • 出版社/メーカー: LG電子
  • メディア: エレクトロニクス



ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(開封編) [その他SONY製品]

ウォークマンA20を購入しましたが、それよりも前にポータブルヘッドホンアンプ PHA-3とヘッドホン MDR-Z7を購入していました。

DSC09011

私はかなりSONYが好きで贔屓にしています。ウォークマンやヘッドホンもあれこれ買って聞いていますが、現時点で「最もコストパフォーマンスが良い最高の音を得るには何を買えば良い?」と問われたらウォークマン A20とPHA-3とMDR-Z7の3つを強くオススメします。この3つの組み合わせで最高の環境が最も手軽に手に入るでしょう。

理由はPHA-3とMDR-Z7の組み合わせがZX2+MDR-1Aをはるかに超える別次元の音だからです。こればっかりは聴かないと分からないので、どれだけ口で説明しても伝わらないと思いますが、私はやっぱり忘れられなくて買ってしまいました。

と言う訳で、まずはポータブルヘッドホンアンプPHA-3 の開封レビューをします。

パッケージ

DSC09013

パッケージはシンプル。最近のソニー製品はシンプルなパッケージが増えました。どこかのメーカーの影響のような。

DSC09015

横から見たところ。かなり分厚いです。

DSC09017

裏には接続方法が記載されていました。

開封

DSC09018

上からぱっかーんと広げます。はじめに見えるのは保証書。

DSC09023

もはやお馴染みになった化粧箱。

DSC09025

実は写真ほど大したものではないのですけど、所有欲を満たしてくれます。

DSC09028

広げるといきなり本体。

DSC09031

左側を広げるとケーブル類。

DSC09033

すべて取りだしてみました。

DSC09039

ウォークマン専用デジタルケーブル

DSC09041

マイクロUSBっぽいですが、独自端子。

DSC09046

こちらはXperia用。

DSC09042

音声ケーブル(ステレオミニプラグ)これ、使う人いるのだろうか….

DSC09050

シリコンバンドは4つ付いていました。

DSC09054

そしてPCと接続するためのUSBケーブル。

DSC09057

本体を取りだしたその下を見てみます。

DSC09058

冊子類が入っていました。

DSC09060

シートも入っていました。

DSC09062

説明書はこんな感じ。

まとめ

パッケージは化粧箱に入っていてそれなりに凝っています。やっぱり化粧箱に入っていると全然違いますね。良いのを買ったって気分にさせてくれます。バンドは4つ入っているし、ケーブルを追加で購入必要もないですが、これだけの価格の商品ですので、できればACアダプターも付けてくれたら完璧だったかも知れません。



SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス









ソニー ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1A

ソニー ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1A

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



ソニー スマートフォン用USB充電AC電源アダプター AC-UD20

ソニー スマートフォン用USB充電AC電源アダプター AC-UD20

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Personal Computers






PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その1)
PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その2)
PHA-3 とMDR-Z7 の実力に迫る (その3)
MDR-Z7 レビュー (開封編)
MDR-Z7 レビュー(外観編)
ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(開封編)
ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3 レビュー(外観編)

ソニーストア ソニーストア ソニーストア
メッセージを送る