So-net無料ブログ作成

SEL55210(E 55-210mm F4.5-6.3 OSS) レビュー [α/Cyber-shot/Handycam]

α6000はダブルズームレンズキットを購入しました。そのダブルズームレンズキットに付属してくるレンズのうち望遠レンズがSEL55210です。

DSC07242

このレンズ、実のところ値段からあまり期待していなかったのが本音ですが、買って良かったと思っています。APS-CのEマウントのカメラを初めて買うつもりの方はダブルズームレンズキットをオススメします。

このSEL55210 何が良いって当たり前ですが、210mmつまり35mm判換算で315mm相当までカバーできるところです。感覚的にはサイバーショットWX系列の10倍ズーム以上。(ちなみにサイバーショットWX100は275mmなので数値的にも上です。) これは動物園などではめちゃくちゃ重宝します。月はギリギリ撮れるか撮れないかぐらいですが、私は写真を撮る幅が大きく広がりました。

さらに、SEL55210の手ぶれ補正が結構強力で、ズーム時はちょっとの手振れでブレてしまうものですが、今までブレた写真はほとんど無いと言っていいぐらい、強力だと思っています。

外観は長めですが、レンズはそれほど大きくなく軽量です。

DSC07260

DSC07258

ズーム時は結構飛び出ます。

DSC_0722

α6000に装着したところ。

DSC_0723

撮影した写真を何点か載せておきます。

DSC03385

DSC03323

DSC03278

はっきり言うと、あまりシャープな感じはありませんが、3万前後のレンズとは思えない性能なのは間違いないと思います。個人的に感じる欠点は35mm判換算焦点距離:82.5-315mmなので、広角側を撮りたい時はレンズを変えなくてはいけない事ぐらいかな?と思います。



SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(ブラック)

SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(ブラック)

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Camera






SONY 標準ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS APS-C対応

SONY 標準ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS APS-C対応

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品



ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE※ソニーEマウント用レンズ SEL18200LE

ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE※ソニーEマウント用レンズ SEL18200LE

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス






α6000が買いたいので僕の言い分を聞いてくれ。
α6000 ILCE-6000 レビュー(開封編)
α6000 ILCE-6000 レビュー(ファーストインプレッション)
α6000 ILCE-6000 レビュー(外観編)
α6000 ILCE-6000レビュー 撮影編
SEL55210(E 55-210mm F4.5-6.3 OSS) レビュー
α6000 用にマルチインターフェースシューキャップ FA-SHC1M を購入

VAIO Z Canvas の高密度実装技術の画像だけでご飯3杯は食べられる。 [vaio]

image

これはVAIO株式会社のHPに載っている VAIO Z Canvas の内部の画像です。

こんなカッコイイ冷却ファンの構造見たの初めてです。ファン3つが綺麗に並列にならんでいる。これだけでめちゃくちゃ欲しくなりました。

昔、故スティーブジョブズはユーザーの目に見えないPCの内部の構造にまで徹底的にこだわったと聞きます。どうだ俺たちのPCは中身も綺麗だろ!と。

ソフトウェアではただ動けば良いのではなくソースコードの美しさに拘る人が居ます。これもアプリを利用するユーザーにはほとんど関係ありません。

でも、そう言うところにまで拘るような人物が作るからこそ、外観も美しく、そして品質の高いプロダクトが生まれるのだと私は思います。

VAIO Z Canvas の内部構造にはその拘りが随所に見られます。しかもこれがタブレットサイズであり、4コア8スレッドで実行するCorei7H CPUを搭載することまでも可能にする「高密度実装技術」と「放熱設計技術」までも備えている事が驚異的であり私は更に興奮するのです。

image

VAIO Z も良いPCでしたが、実機を見た時やはりVAIO Fit Aとデザインが極めて似ている事で今私がメインで使っているVAIO Fit 15Aと買い変えたとしても大差は無いと思い実はそれほど物欲は湧きませんでした。

image

しかしVAIO Z Canvas は VAIO tap 11とは大きく変更されておりタブレットPCであっても見た目から完全にベツモノです。しかもカッコイイ。そしてあの内部実装。まだ実物見ていないのですが、製品写真からもその質感の良さが伝わってきます。

Z canvas はジャンルはタブレットPCではありますが、これをタブレットと考えたら本当にもったいないPCだと感じています。特に私は有線LANが搭載されている事で、液晶一体型のデスクトップとしても使えるのではないかと考えています。

http://taiseiko.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_ced/taiseiko/image/2009-07-18T12:10:08-834f9.jpg

VAIO type Lを以前利用していましたが、液晶一体型のデスクトップはそれなりに使い勝手も良いパソコンでした。見た目がシンプルですし、ノート以上に場所を撮りません。

その後、残念ながらSONYのVAIOはデスクトップから撤退してしまうのですが、このZ canvasを見た時に液晶一体型デスクトップと同じ使い方できるのでは?と思ったのです。拡張性はもちろん劣ってしまいますが、キーボードやマウスは自分の使いたいものにしても良いですし、いざと言う時に手軽に持ち運べると言うのは大きな利点になりそうな気がしています。付属のキーボードも使わない時は本体とドッキングしておけば問題ありません。

image

さらに言うとZ canvas はクリエイター向けなところばかりピックアップされていますが、別に絵を描かなくてもちょっとしたメモで使う程度でも全然良いと思っています。むしろ絵なんて描かなくても単純にハイスペックなPCは長く使えるし、作業も捗ります。いくら最近のPCがある程度早くなったと言ってもウルトラブック並のスペックのPCだとちょいちょい色々な場面で待たされる事が多いです。それらが短縮されるのであれば、その積み重ねはとても大きな時間となって表れると思います。時は金なり。処理速度の高いPCは時間を買っているのと同じだと思います。

image

そしてPCの使い方はユーザーが決めるものです。ちょっとVAIO株式会社はクリエイター向けをアピールし過ぎな気もしなくもないですね…

そうは言っても金額が金額ですし、そろそろWindows10の足音が聞こえてきている状態ですので、悩ましいところです。ただ、久しぶりに欲しくなったVAIOが登場しました。今回のエントリーは色々思いだけを書いてみましたが、気が付いたら買っているのかも知れません。

ソニーストア



SIMフリースマートフォン VAIO Phone VA-10J 日本通信

SIMフリースマートフォン VAIO Phone VA-10J 日本通信

  • 出版社/メーカー: VAIO
  • メディア: エレクトロニクス



Xperia Z3 Compact SO-02G docomo [White] 白ロム 利用制限無期限保証

Xperia Z3 Compact SO-02G docomo [White] 白ロム 利用制限無期限保証

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



エクスパンシス
メッセージを送る