So-net無料ブログ作成

DSC-RX100シリーズ用ジャケットケース LCJ-RXF レビュー [α/Cyber-shot/Handycam]

RX100M3と同時に購入したのが

DSC08664

純正のジャケットケースLCJ-RXのベージュ LCJ-RXF/C です。

DSC08813

今回のエントリーはこのジャケットケースをご紹介します。

なぜ、これを購入したのかと言いますと、RX100M3はどうも女性がカジュアルに使うには無骨なデザインだと思います。その手のユーザーをターゲットにしていないので致し方ないと思いますが、それでも硬派過ぎるんですよね。

RX100M3は奥さんがポケットに入る本格的なカメラが欲しいと言う要望で選んだのですが、デザインで最後まで迷っている奥さんを説得できたのがこのジャケットケースでした。見るからにかわいい色合いとポップなデザイン。このジャケットケースが無ければ多分、欲しいと思わなかったでしょう…

DSC08818

開封すると中に入っていたのはこの2つ。本体とショルダーストラップです。

DSC08819

下から見たところ。三脚の穴が付いているのでジャケットを付けたまま三脚使えます。

DSC08821

後ろからみたところ。素材はポリウレタンですが、レザーっぽく仕上げられています。

DSC08823

サイドから見たところ。

DSC08825

パッカーンと広げてみたところ。

DSC08830

本体を取り付けてみたところです。RX100の全体を囲むのでケースとしても十分役立ちます。

DSC08833

広げたところ。このようにカバーを付けたままでも使おうと思えば使えます。

DSC08839

ですが、カバーを完全に取り外してしまえば、ご覧の通り。

ジャケットを装着したままでもケーブル類は取り扱えますし、液晶のチルト機能も使えるのは純正ならではなのかも。

まとめ

RX100シリーズであればどれでも使えるジャケットケース。ちょっとお値段高いですが簡単にドレスアップできてしかも機能性も維持できるのはなかなか良いジャケットケースだと思います。おすすめ。ただ、ショルダーストラップが細めかつ固めなので、そこは気に入らない人は取り替えた方が良いかも知れません。






ソニー アタッチメントグリップ「AG-R2」 AG-R2

ソニー アタッチメントグリップ「AG-R2」 AG-R2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品



SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100M3 2090万画素 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100M3 2090万画素 光学2.9倍 DSC-RX100M3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス









SONY 「RX100/RX100II」用フィルターアダプター VFA-49R1

SONY 「RX100/RX100II」用フィルターアダプター VFA-49R1

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(最大転送速度45MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1E (FFP)

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(最大転送速度45MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1E (FFP)

  • 出版社/メーカー: トランセンド・ジャパン
  • メディア: Personal Computers



DSC-RX100M3 レビュー (開封編)
DSC-RX100M3 レビュー(外観編)
DSC-RX100シリーズ用ジャケットケース LCJ-RXF レビュー
DSC-RX100M3 レビュー(まとめ編)

α6000 ILCE-6000 レビュー(外観編) [α/Cyber-shot/Handycam]

私のメインのカメラである α6000 のレビュー3回目は外観を見ていきます。

私が購入したのはブラックです。シルバーとは本当に悩みました。ホワイトは候補には無かったです…

DSC07304

それは所有しているレンズがほとんどブラックだったのが大きな理由になると思います。

DSC07278

購入したのはダブルズームレンズキットでしたので、初めからキットレンズが付いていました。

DSC07279

キットレンズであるSELP1650はかなりコンパクトなレンズですので、より小さく見えます。このコンパクトさがα6000の魅力のひとつです。

DSC07286

正面。

DSC07281

背面。NEXシリーズと比べて一番変わったのはボタンの多さでしょう。かなり増えました。NEXの頃はボタンはなるべく少なくしてソフトウェアで何とかすると言う方針だったのですが、徐々にカメラユーザー寄りになって、この形になってしまったと思います。ただ、AELボタンは割り当て可能ですが、AELよりここは親指オートフォーカスだろ!と思うのは私だけではないはず。α7のようなAF/MF切り替えレバーが良かったなぁ。

α5000系はNEXに近い操作系ですがFnボタンやダイヤルまで無くなってしまっているのはかなり割り切っていて、カテゴリー的に分かりやすくなったと思います。

DSC07288

ショルダーストラップと、マイクロUSB,HDMI端子があります。

DSC07297

端子のカバーはそこそこしっかりしていてもろさは感じませんでした。

DSC07289

逆サイドはNFCのみ。NFCは本当に便利。ちょっとした事ですが、その差はとても大きいと思います。

DSC07290

上からみたところ。マルチインターフェースシューにキャップが付いていないのは不思議です。

DSC07300

コントロールダイヤルは右端で軽めですが結構気持ち良いです。

DSC07292

有機ELファインダー。お馴染みの機能になりましたが、見たまま写真が撮れるこのファインダーはとてつもなく便利。

DSC07298

そしてフラッシュ。ピンボケでした…

フラッシュなんておまけだと思っていましたがこれも奥が深いですね。

下からみたところ。

DSC07294

蓋が結構ギリギリでSDカードが取りだしにくいです。

まとめ

デザインは人の好みがありますが、NEX時代と比べるとやや分厚くなってしまいましたのでシャープなカッコ良さはあまり無いかな?と思っています。持ちやすいですし、カメラとしての操作性も良い方ですが、ダイヤルの質感などはα7と比べると安っぽいと感じました。ミドルクラスの宿命でしょうか….

ストラップで首からぶら下げているとやや重さを感じる時もありますが、個人的にはちょっと痛い時もありますが、旅行に行っても十分耐えられる程度だと思います。これ以上重たくなると私には少し辛いかも知れません。

最近のソニーのカメラはどんどん巨大化しているので、ソニーのお家芸とも言えるコンパクトでも高性能な機種も今後は期待したいと思います。



今すぐ使えるかんたんmini SONY α6000 基本&応用 撮影ガイド

今すぐ使えるかんたんmini SONY α6000 基本&応用 撮影ガイド

  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/04/15
  • メディア: Kindle版






SONY アクセサリーキット「ACC-TRW」 ACC-TRW

SONY アクセサリーキット「ACC-TRW」 ACC-TRW

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Camera



ソニー シューキャップ FA-SHC1M

ソニー シューキャップ FA-SHC1M

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品



ソニー 「α6000」用ボディケース「LCS-EBC」(ブラック) LCS-EBC-B

ソニー 「α6000」用ボディケース「LCS-EBC」(ブラック) LCS-EBC-B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品






α6000が買いたいので僕の言い分を聞いてくれ。
α6000 ILCE-6000 レビュー(開封編)
α6000 ILCE-6000 レビュー(ファーストインプレッション)
α6000 ILCE-6000 レビュー(外観編)
α6000 ILCE-6000レビュー 撮影編
SEL55210(E 55-210mm F4.5-6.3 OSS) レビュー
α6000 用にマルチインターフェースシューキャップ FA-SHC1M を購入
エクスパンシス
メッセージを送る