So-net無料ブログ作成

VAIO Phone について、そろそろ書いてみようと思う [vaio]

VAIO Phoneが発表されました。

image

発表直後はインターネット上ではもう散々な言われよう。ネタにはされるし、ボロカス書かれるしで、炎上状態でした。

実は私はVAIOの今置かれている立場から、唐突に出てきたVAIO Phoneについてはほとんど期待していませんでした。ですので、どう考えてもVAIOファンが求めているような個性的なスマートフォンが出せるとは思えなかったため、特に驚きも怒りもありませんでした。

http://taiseiko.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_ced/taiseiko/image/2011-11-03T23:58:48-7e3d6.jpg

確かに昔VAIOチームはSony Tablet を開発していました。特にSony Tablet Pは唯一無二の安曇野モデルのAndroidだったりするのです。二画面を実現するためのヒンジ部分の設計やヘッドホン端子の作り込みなどはまさに安曇野のVAIOチームだからこそ実現できた技でした。

それでも、VAIOがSONYから切り離されてから短時間で個性的なスマートフォンを1から作る事は到底無理なスケジュールかつ予算だったのは明白です。

image

そして実際に実機を見てみましたが、可もなく不可も無くNexusシリーズみたいだなと言う印象で、隣にあったASUSなどのアジアメーカーとの差なんてロゴぐらいと言う印象でした。

それもそのはず、出てきたVAIO Phone は台湾のクアンタ・コンピューターが製造したOEMモデルでした。そして徐々に報道内容から、VAIO社は設計等には関わっておらずブランド貸しだけだったと言う事実が分かりました。

image

VAIO ファンではない野次馬達は(と言う良い方は悪いかも知れませんが)同じ、OEM販売されているパナソニックのELUGA U2とスペックや外観が極めて似ていることや価格差などから小バカにしたような発言が目立っています。

一方、VAIO ファンの言い分はVAIOブランドをめちゃくちゃにした日本通信のマーケティングや売り方が悪いような言い分や、VAIO株式会社がブランドを安売りしたと言う事への憤りが多いと感じています。

image

私も確かにいくらOEMとはいえ、独自のアプリもなくロゴだけと言うのはいくらなんでも手抜き過ぎでファンを舐めているのか?と思えなくもありませんでした。Xperiaの1stモデル Xperia X1もHTCのOEMでしたが、ソニーらしい独自の味付けがあって拘りを感じられたのに、このVAIO Phoneの適当さはプロダクトに対しての愛を微塵も感じとれませんでした。

問題の本質

ただ、私は今回の問題の本質はVAIO株式会社でもなく、日本通信でも無いと思っています。

世の中、お金が無いと企業は成り立ちません。そして企業はリスクと戦いながらもお金を調達出来なければいけません。お金が無ければVAIO Zも作れないし、後継モデルの開発もできないのです。

VAIO株式会社を牛耳っているのは投資ファンドです。(日本産業パートナーズの投資ファンドが95%)金や成果しか見ない集団です。日本通信の箱だけ発表会の進め方や煽りに煽りまくった売り方は確かにヒドイですが、ブランド貸しで(VAIOは販売もしないため在庫を抱えると言う最大のリスクがないのに安定したお金が入ってくる)リスクが少なくお金を調達しなくてはいけないようなプレッシャーをかける相手が居ると言うこの事実がある限り、今回のやり方は個人的には致し方ないと思います。そしてそれがSONYが捨てたVAIOの今の身なのです。

DSC07361.jpg

しかし、今回の事でブランドが完全に失墜することは無いと思います。ここまで散々に言われてしまう目にあうとは想定していなかったと思いますが、それでもある程度のリスクの覚悟はあったと思います。そして、今後リスクを打ち破るプロダクトを作れる自信もあるからこそ、ブランド貸しを行ったのだろうとも私は思います。そして彼らなら打ち破れると思っています。

今回の発表にVAIOの関係者の人には悔しい想いをしている人も多いでしょう。「自由だ」と謳っているが、実際は開発は自由に動けても経営は自由には動けないのが今のVAIO株式会社。そんな現状を突き付けられたのが今回のVAIO Phone だったのではないでしょうか。

今後の希望

上記のような問題を抜きに個人的な希望だけ言うと個人的にはVAIOにはスマートフォンを出すのはこれっきりにして欲しいです。PCに専念して欲しい。まだまだ僕らが待っているモデル(Rシリーズ、Pシリーズ、Uシリーズ、C1など)はたくさんあるので。ですが、もし今後もスマートフォンを作るのであれば他のどのメーカーも作れないギミックを搭載した渾身のWindows Phone のVAIO Phone Z を出して欲しいですね。






Xperia Z3 Compact SO-02G ドコモ/docomo BLACK/黒色

Xperia Z3 Compact SO-02G ドコモ/docomo BLACK/黒色

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



docomo Sony Tablet P 3G+Wi-Fi 4GB SGPT211JP/S

docomo Sony Tablet P 3G+Wi-Fi 4GB SGPT211JP/S

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: エレクトロニクス



SONY Sony Tablet Pシリーズ SGPT213JP/H (Wi-Fiモデル)

SONY Sony Tablet Pシリーズ SGPT213JP/H (Wi-Fiモデル)

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



EMOBILE NEXUS 5 32GB ブラック LG-D821 SIMフリー

EMOBILE NEXUS 5 32GB ブラック LG-D821 SIMフリー

  • 出版社/メーカー: Goodle lg
  • メディア: エレクトロニクス



nexus5 16GB ブラック Google  LGD821 (EM01L) simフリー

nexus5 16GB ブラック Google  LGD821 (EM01L) simフリー

  • 出版社/メーカー: Nexus 5
  • メディア: エレクトロニクス



エクスパンシス
メッセージを送る