So-net無料ブログ作成

α7RⅡの発表でフルサイズが欲しくなってしまった。 [α/Cyber-shot/Handycam]

北米でα7RⅡが発表されました。

image_thumb[4]

いやーこれはビビりましたね。まさに今までのα7シリーズの集大成とも言えるものすごいものが出てきたと思いました。

4240万画素、35mmフルサイズの裏面照射型CMOSセンサー、4K撮影、ファストハイブリッドAF、拡張ISO感度になりますが102400まで、5軸手ぶれ補正、さらにはサイレント撮影まで可能となっています。

価格も約3,200ドルなので、日本だと398,000円ぐらいになるのかな?と思っています。

機能的な説明は公式サイトを見れば分かるのですが、英語なので簡単に日本語でざっくりと紹介してしまいましょう。

http://www.sony.net/Products/di/en-us/products/dkw5/index.html

image_thumb[9]

拡張ISO 102400の超高感度、42.4メガピクセル、世界初の裏面照射型35ミリフルサイズCMOSセンサー、高速AF、5軸手ぶれ補正で、まったく新しい世界を見せてあげよう。

image_thumb[15]

4240万画素の世界初の裏面照射型のフルサイズセンサーを作ったよ。ノイズを抑えながらもα7Rの3.5倍の速さでデータ転送を行うようにしたんだ。

image_thumb[20]

撮影サンプルめっちゃ綺麗だろ。

image_thumb[25]

高画質のためにもちろんローパスフィルター無しだよ。サイレント撮影もできちゃうし、耐久性も抜群、振動も少ないよ。

image_thumb[30]

もうとにかくAFが爆速なんだぜ。像面位相差AF測距点は399点で画像全体の45%もカバーするんだ、すごいだろ。追尾AF時の連射も秒間5コマ。従来の40%も高速になったんだ。

image_thumb[36]

安心しろ。Aマウントレンズもマウントアダプターを介して位相差検出AFを保証するよ。

image_thumb[41]

フルサイズで5軸手ブレ補正採用だよ。どんな撮影でも微調整してやるよ。

image_thumb[46]

4K動画も本体だけで撮影できるよ。見てみろよこのボケ具合。映画より綺麗だろ。

image_thumb[55]

世界最高の有機ELファインダーだよ。ZEISS Tコーティングだよ。

こんなところでしょうか…

個人的な雑感

この発表を見た時、素直に欲しいと思いました。いや、興奮しました。スゴイです。高いですが5年ぐらいは戦えるスペックだし、それだけ払う価値のあるボディだと思います。

今、私はAPS-Cのα6000を使っています。そこから買い足しになると思うのですが、レンズをまた1から揃えるのははっきり言って大変でしょうね…

そして正直なところ私は重くて大きいカメラはあまり好きじゃないです。ただ、撮影するのが楽しくなってきたら、そう言うカメラもあっても良いような気がしてきているのも事実です。α6000と二台持ちならシーンで使い分ければ良いだけですし。それぞれ、お互いの良いところ、悪いところを補えるなぁなんて考え出している時点でヤバイですね… さて、どうしたものか。


ソニーストア

SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7/B

SONY ミラーレス一眼 α7 ボディ ILCE-7/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Camera



SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



SONY ミラーレス一眼 α7R ボディ ILCE-7R/B

SONY ミラーレス一眼 α7R ボディ ILCE-7R/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス






タグ:ILCE-7RM2 α7RⅡ
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
エクスパンシス
メッセージを送る