So-net無料ブログ作成

ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(開封編) [ヘッドマウントディスプレイ]

ちょっと購入したは良いけど、レビューをしていない製品が増えてきました。もう今年も残り僅かになってきましたので、今年購入した商品は出来る限りご紹介したいと思います。

そんなこんなでまずはヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 の開封レビューから始めたいと思います。

ヘッドマウントディスプレイは初代から取り扱いが非常に重要でして、修理に出す時もパッケージの箱が無いといけないなどの決まりがありました。それぐらいデリケートな商品だと言う事だと思いますが、3代目は梱包はどれぐらい進化したのでしょうか?

パッケージ

DSC08493

パッケージですが、これが結構ユニークです。

DSC08495

表と裏で描いてある絵柄が異なっていました。

DSC08497

サイドには商品説明など。

開封

DSC08498

上から開封するタイプでした。

DSC08499

保証書に目が行きますが、何やら箱に細かくプリントされています。

DSC08500

3代目もやはり修理の時は箱が必要な模様。

DSC08502

説明書ちゃんと読んでねと書いてます。取り扱いが大変な商品だと言うのが良く分かります。

DSC08503

四隅を広げると見慣れないものが現われました。

ポーチ

DSC08505

なんとポーチです。流石モバイルできることを謳っているだけありますね。

DSC08507

表面は安っぽいのですが、なかなかの質感。

DSC08508

モバイルすることはまずないと思いますが、普通にリビングに置いているだけでもホコリなどが気になるので、これはとても良いと思います。

DSC08509

SONYロゴ。

DSC08510

「よーしこれにヘッドマウントディスプレイ入れて、これからの帰省時に新幹線やバスで使うぞー」って人居るのかな。

スタートガイド

DSC08513

ポーチの下にはスタートガイドが入っていました。

DSC08514

カラー表示で分かりやすいです。ただ、一般的なパターンしか書いていないので、その他はwebで….

本体

DSC08519

スタートガイドの下は大きな台紙になっていました。

DSC08516

台紙を取り出すと本体が見えます。ちょっと見慣れない変わった梱包です。

DSC08521

右側にケーブルが見えます。

DSC08522

ヘッドマウントディスプレイ本体からバッテリーユニットにつながるケーブルでしょうね。いきなり本体だと衝撃を受けそうなので台紙で覆われているようです。

DSC08523

そのケーブルが乗った台紙を取り除いたところです。バッテリーユニットと本体が見えました。

DSC08526

角度を変えたところ。

DSC08527

取り出す時は本体とバッテリーユニットは同時に取りだします。

DSC08529

とりあえずと言ってはアレですが、両方とも袋から取り出してみました。これだけだと随分シンプルに思えますが…

DSC08533

ちなみにバッテリーユニットの大きさを比較のためにXperia Zと並べてみました。

DSC08562

本体とバッテリーユニットを取り出したところです。

DSC08563

右側の台紙を取り外しました。

DSC08564

左側を広げるとケーブル類が入っていましたが、このケーブルの量はびっくりしました。

DSC08565

マジかよ…

DSC08566

こんなに大量にひとつにまとまって入っているのは初めて見たと思います。

DSC08585

ケーブル類を一通り取り出してみました。

DSC08587

HDMIケーブルが2つ。

DSC08590

SONYロゴが付いています。DSC08593

ACアダプターそのイチ。これはプロセッサーユニットに取り付ける方です。

DSC08594

大きさの比較。またもやXperia Z

DSC08599

もう一つはバッテリーユニットに取り付ける方。

DSC08600

ただのマイクロUSB用のACアダプターです。

DSC08598

ここでも大きさの比較でXperia Zと。

DSC08596

ACアダプターに付ける電源ケーブルは全く同じものがふたつ入っていました。

DSC08601

そしてライトシールド。

DSC08602

このように本体の下からの光を遮るようにして利用します。

DSC08608

付属のヘッドホン。MDR-EX300です。

DSC08610

取り出してみました。このヘッドホンは付属品の王道ですね。

DSC08609

ヘッドホンを引っかけるフックも付いていました。

あと、これにマイクロUSBケーブルも付いてます。多すぎる。

同じところに申し訳ない程度に冊子類が入っていました。

DSC08612

リファレンスガイド。

DSC08613

中身はオーソドックスな内容でした。

DSC08568

逆側にはプロセッサーユニットが入っていました。

DSC08570

台紙ごと取り出してみました。

DSC08571

袋から取り出したところです。初代よりコンパクトになったと思います。

DSC08583

こちらもXperia Zと比較。

まとめ

とにもかくにも付属品の多さに尽きると思います。こんなに多いの初めてだったかも知れません。昔のコンポとかもっと多かったかも知れませんけど…

バッテリーユニットのおかげでこんなに増えてしまったのでしょうけど、モバイルしない人向けのモデルも欲しかった気もします。ただ、梱包は初期型よりもシンプルになっていたと感じました。箱は必ず残しておかなければならないので、箱のサイズも若干小さくなっているのもポイントが高いです。

モバイルはしませんが、ポーチが付属していたのもリビングに置いておくだけの私にもメリットがあると感じています。ホコリは電化製品の天敵ですから。

次回は外観レビューを予定しています。

ソニーストア
ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer" HMZ-T3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス






アバター 3Dブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

アバター 3Dブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



プレデター 3D・2Dブルーレイセット<2枚組> [Blu-ray]

プレデター 3D・2Dブルーレイセット<2枚組> [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



アイアンマン3 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]

アイアンマン3 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray



自分だけの世界を作り出す。HMZ-T3とMDR-HW700DS
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 ファーストインプレッション
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(開封編)
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 レビュー(外観編)
ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T3 のバッテリーユニットは今は不要?

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
エクスパンシス
メッセージを送る