So-net無料ブログ作成

時代を先行し過ぎたC404S を振り返る [懐かしのソニー製品]

C404SとSO502WMをご存知でしょうか?今ではもう当たり前の機能になっているミュージックプレイヤーの機能を搭載した携帯電話です。

DSC01911

その中でauから発売されていたC404Sを今回は振り返ってみます。

このC404Sは私は凄い思い入れがあります。当たり前なのですが、とにかく音楽聞きながらでも、通話に関して疎かになっていませんでしたし、レスポンスも今のソニエリ端末からは考えられないぐらい高速でした。

DSC01923

特にこのセンタージョグは快適そのものでした。まだ搭載初期のモデルでしたので、長く使っているとユルユルになってしまいましたが、センタージョグは復活して欲しいです。Xperiaにもセンタージョグがあれば文章打つのが今の3倍は早くなりそうなんですけどね。

あまりにも気に入って機種変更しても同じC404Sを使い続けていたぐらいです。

外観

DSC01912

今見ると古い感じですが、当時はデザインも最先端でした。

DSC01913

メモステのマジックゲートのロゴが誇らしげです。

DSC01914

この当時はアンテナは当たり前でした。

DSC01915 

裏側です。バッテリーの面積が大きく感じますが、かなり薄かったです。

DSC01917

底面から電源を入れます。試しに充電してみましたが、まさかの電源が入りませんでした。とても残念です。

DSC01919

本体上。リモコンは独自コネクタでした。

DSC01920

実はLINE INもあり、このC404S単独で録音できてしまいます。それもやってましたねー。ただ、C404Sで録音した楽曲もOpenMGで保護されてしまい、あまり使い勝手は良くありませんでした。

DSC01929

メモリースティックは本体の裏の上部にある蓋を広げて入れるようになっていました。

DSC01930

押し込むと飛び出るタイプで、出し入れしにくいとかそんなのは無かったです。

ただ、当時は64MBのメモリースティックで2万ぐらい。128MBだと3万ぐらいと大変高額でした。今では信じられないですね。

DSC01921

本体を開いたところ。実はこのC404Sはソニー初の折り畳み式のケータイでした。ところどころに透明パーツが使われていて、キーなどは光りました。

DSC01922

ディスプレイは120×160ドットの256色反射型カラーSTN液晶。はっきり言ってめちゃくちゃ暗いですし、カラーと言っても256色なので色が付いているぐらいです。しかし、この当時はカラーが珍しい時代でした。

リモコン

DSC01925

このリモコンがかなり優秀でした。もちろんマイクを兼用していますが、当時のウォークマンで主流だったスティックタイプのリモコンを彷彿させるデザイン。

DSC01927

もちろんクリップも付いていました。ボタンはほとんど独立タイプで、ジョグリモコンも付いていたので、冬場に手袋をしていても操作できたのを覚えています。

DSC01928

着信が入ると、着信音がヘッドホンから流れ、ディスプレイに相手の名前が出てました。上の写真にある大きな丸のボタンを押すと着信できました。

まとめ

DSC01931

後継機種の登場をずっと待っていたのですが、このC404Sがあまりにも時代を先取りし過ぎていたのと、メモリースティック付属で高額になってしまった為(後にメモリースティックを省いたライトが出ました)ヒットせず、後にでるW31Sまで後継機種は発売されませんでした。

完成度は現在のウォークマンケータイに匹敵、当時の事を考えるとそれ以上だったのに、不運だったと思います。

C404SをベースにしたC406Sで着せ替えパネルを生み出すなど、今では当たり前になっていることを実験的に面白いケータイを次々にリリースしていたソニーでしたが、最近はめっきり大人しくなってきた印象です。また、以前のように暴れて欲しいですね。




SanDisk MemoryStick Pro Duo 8GB SDMSPD-8192-J95

SanDisk MemoryStick Pro Duo 8GB SDMSPD-8192-J95

  • 出版社/メーカー: サンディスク
  • メディア: エレクトロニクス


ソニエリと言えばau端末になってきました。




Net MD ウォークマン MZ-N1 を振り返る
ネットワークハンディカム DCR-IP55を振り返る
時代を先行し過ぎたC404S を振り返る
VAIOノートSRを振り返る
超小型なコンデジ サイバーショットU を振り返る
MDピクシーDHC-MD77を振り返る
VAIO ミュージッククリップ MC-P10を振り返る
CDウォークマン D-EJ700 を振り返る
VAIO RXシリーズを振り返る
VAIO ノート R505 シリーズを振り返る
VAIOノートSRX シリーズを振り返る
攻めまくっていたSO506iCを振り返る
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 8

はまちゃん

当時はケータイで音楽を聴くという時代じゃなかったですもんね。
ネットの音楽配信というのも全く市民権を得てなかったですし…
オープンMGジュークボックス?でしたっけ?
あれ、使いづらかったですし。。笑
ホント、時代を先取りして、まだ誰もついてこなかった、、
という不遇なモデルでしたよね。
by はまちゃん (2010-09-14 00:27) 

白吉

この機種、憧れてました!町でお兄さんが使ってるのみて、格好いいなーって見てました。VAIO風のデザインですよね。
なぜ持ってなかったというと。当時は携帯電話の契約してなかったんですよ。
by 白吉 (2010-09-14 06:03) 

taiseiko

はまちゃんさん はじめまして。
この頃からやっていたのに、今、市場を独占できていないのも悲しい話です。不遇なモデルでしたが、満足度はかなりありました。これぐらいちゃんとしたリモコンの付いたケータイは今でも見かけないです。
by taiseiko (2010-09-14 12:20) 

taiseiko

白吉さん
なんと!そうでしたかー。白吉さんなら持っておられるかと思っていましたw
時々、ソニーはVAIO風のデザインをケータイに持ってきますね。
A5404SなんてZみたいなヒンジでカッコよかったです。
by taiseiko (2010-09-14 12:23) 

Air

この端末、発売日前日に手に入れて3年近く使ってました。音質も当時のモバイルとしては充分だったし、通話もしやすい良いモデルでしたよね。

うちもまだ保存してますよ。
by Air (2012-07-29 02:03) 

taiseiko

Airさん
3年とは凄いですね。私も大のお気に入りでした。電源入らないのが残念です。。。
by taiseiko (2012-08-18 15:15) 

james

私は、Picwalk SH712m (PHS)を利用していました。でも、約2年程で、ドコモがサービスを終了しました。残念・・・。マジックゲートはキツかったですね。懐かしい・・・。

by james (2014-01-17 23:18) 

taiseiko

jamesさん
マジックゲートなどは不遇の時代のイメージが付きまとってますね。
PHSは結局パッとしないままでしたね。
by taiseiko (2014-01-19 19:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
エクスパンシス
メッセージを送る