So-net無料ブログ作成
検索選択
Music Unlimited ソニーストア エクスパンシス
前の2件 | -

Xperia Z2とウォークマン Eシリーズ NW-E083 どっちが音良いの? [ウォークマン]

Xperia Z2 はサウンド面も結構拘っています。それはステレオスピーカーを搭載している事もありますし、ClearAudio+にクリアステレオ、CLEAR BASSなどソニーお馴染みの高音質技術までも惜しみなく搭載しています。さらにノイズキャンセル機能まで。これって、S-Masterと呼ばれるフルデジタルアンプを搭載しないウォークマンEシリーズやSシリーズと機能的にほぼ同等。

これじゃ、ウォークマンのエントリーモデル終了のお知らせ…なんて思う方が出てきても不思議ではありません。

で、私の手元にはXperia Z2と

DSC02922

ウォークマンEシリーズ(NW-E083)があります。

DSC02921

これどっちが音良いのか気になりませんか?私はとても気になります。さらに言うとノイズキャンセルの性能もどちらが良いのかすごく気になる。

と言う事で色々と聞き比べてみました。聞き比べるのに利用した音源ファイルはFLACのみにして、ヘッドホンはウォークマン付属のノイズキャンセリング搭載のMDR-NWNC33とMDR-EX800STです。

※ちなみにウォークマンとXperiaは同じテクノロジーを搭載していますが、それぞれチップが異なるので名前は同じですが効果などが違います。Xperia Z2は一応ハイレゾに対応していますが、あくまでUSB出力のみなのでほとんど意味無いでしょう。

聞き比べ

初めに全ての機能をオフにして私が所有するヘッドホンの中で最も解像度が高くフラットな音を出すMDR-EX800STで聞き比べてみました。

比べてみるとウォークマンE(NW-E083)は低音がはっきりしていて、Xperia Z2はフラットな感じです。音の解像感は大きな違いはないと思いましたが、ウォークマンの方がボーカル音も聞きやすい印象でした。Xperia Z2が音が歪むような事もなく想像以上に良くて驚きました。今頃音が歪むようなプレイヤーなんて…以下自粛。

ClearAudio+

次にウォークマン付属のMDR-NWNC33を繋げてClearAudio+を有効にして聞き比べてみました。ClearAudio+はソニーが推奨するサウンド設定を自動的に最適化する機能でこれを有効にすると他の設定はすべて変更不可になります。

DSC02927

ClearAudio+を有効にした時の音の違いはかなりあって驚きました。結論から言うとXperia Z2のClearAudio+は個人的には嫌いです。ボーカル音まで電子音みたいな感じになるぐらい変わってしまって違和感ありまくりでした。一方ウォークマンEシリーズのClearAudio+もかなり音は変わるのですが、低音がかなり強調された音作りになるだけでボーカル音まで変になるような傾向はありませんでした。

ノイズキャンセル

最後にノイズキャンセルの性能を比べてみます。

DSC02928

ウォークマンEシリーズのノイズキャンセルはウォークマンシリーズ安定のデキで程よく遮断してくれ耳への負担や圧迫感もあまり感じません。またノイキャンのレベルも調整可能で自分好みに変更できます。

一方、Xperia Z2のノイズキャンセルはウォークマンと同じデジタルノイズキャンセルですがノイキャンのレベルが調整できません。有効にするとウォークマンのデフォルトの調整レベルよりも効きが良いのを感じ取れましたが、その分耳に圧迫感があります。多分、レベルの調整ができない変わりにノイキャンの効きを強めにしているのかと思われました。

まとめ

DSC02926

ウォークマンEシリーズとXperia Z2の音質ですが、比較してみると結構違っておもしろかったです。テクノロジー的にはほぼ横並びでそれだけ見るとウォークマンもう要らないんじゃ…?と思ってしまいそうでしたが、やっぱり専用オーディオプレイヤーとしてウォークマンEシリーズの方が音質的にもノイズキャンセルの性能的にも上だったと結論付けられると私は感じました。ちょっと安心した自分が居たのは内緒です。さらに付け加えるとXperia Z2はAVLS(難聴を防ぐためのボリュームの制限)が比較的音量が小さくても判定されてしまうようで、あまり音が上げられないのも不満でした。

それでもスマートフォンでここまで出来てしまうとS-Masterやハイレゾが再生できないエントリー向けの専用プレイヤーの立ち位置が微妙になってくるのも致し方ないのかも知れませんね。



SONY ウォークマン Eシリーズ 4GB レッド NW-E083/R

SONY ウォークマン Eシリーズ 4GB レッド NW-E083/R

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



SONY ノイズアイソレーションイヤーピース Mサイズ EP-EXN50M

SONY ノイズアイソレーションイヤーピース Mサイズ EP-EXN50M

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



SONY (ソニー) インナーイヤーモニター/MDRーEX800ST

SONY (ソニー) インナーイヤーモニター/MDRーEX800ST

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: エレクトロニクス



Xperia Z2便利すぎる! 250のテクニック (超トリセツ)

Xperia Z2便利すぎる! 250のテクニック (超トリセツ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
  • 発売日: 2014/05/21
  • メディア: 大型本



Xperia Fan Xperia Z2 SO-03F 完全ガイド (マイナビムック) (マイナビムック Xperia Fan)

Xperia Fan Xperia Z2 SO-03F 完全ガイド (マイナビムック) (マイナビムック Xperia Fan)

  • 作者: 飯塚 直
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2014/06/19
  • メディア: ムック



ウォークマンEシリーズ NW-E083K レビュー(開封編)
ウォークマンEシリーズ NW-E083K レビュー(外観編)
Xperia Z2とウォークマン Eシリーズ NW-E083 どっちが音良いの?

Xperia Z2 SO-03F レビュー(開封編)
Xperia Z2 SO-03F レビュー (ファーストインプレッション編)
Xperia Z やZ1 から Xperia Z2 に変えるべき20の理由
Xperia Z2 SO-03F レビュー (外観編)
Xperia Z2 SO-03F レビュー(ソフトウェア編)
Xperia Z2 専用 Style Cover Stand SCR10 レビュー

ソニーストア

PlayStation Vita TV ファーストインプレッション [プレイステーション]

Play Station Vita TV 買って使ってみると想像以上に良いプロダクトだと思いましたので、ファーストインプレッションを書いてみます。

本体

DSC02879

とにかく小さい。

DSC02881

Vitaの新型と比べても本当に小さい。

ゲーム機って巨大なACアダプター付いていたり、TVの横で踏ん反りかえっているイメージでしたが、Vita TVはあるのかないのか分からないぐらい小さい。

そしてファンが無いのでとても静かなのです。PS3の爆音なんてどこへやら。そしてこの暑い夏に使っても室温がほとんど変わらない。

画質

DSC02897

携帯ゲーム機の映像をハイビジョンテレビに表示させたらちょっと汚いのかな?と思っていましたが全然綺麗。

DSC02909

フルHDの40インチのBRAVIA HX850 に表示させてみたのですが、感覚的にはPS2より遥かに綺麗でPS3より劣るぐらいです。Wiiよりも綺麗。

DSC02912

こんな大画面でVitaのゲームができるなんて夢のよう。

リモートプレイ

VitaとPS4の最大にして最強の機能がリモートプレイだと思います。

DSC02916

自宅のPS4を実家のVita TVで操作してみましたが、これがインターネット越しで県を跨いでゲームをしているなんて信じられないぐらい。

DSC02917

多少ブロックノイズが出ることもありますが、RPGぐらいなら余裕でプレイできてしまいます。Vita TVなら小さいのでこれを持ち運べばどこでもインターネット環境があればPS4のゲームが出来てしまうなんて怖い。

DSC02914

ただ、ゲームタイトルによってはタッチパッド操作が必須の場合、デュアルショック3だとゲームすらできないなんて問題がありました。ここはデュアルショック4でVita TVを遊ぶ必要があります。

まとめ

多分Vitaがリリースされた当初のバージョンだったらイライラしていたかも知れませんが、結構こなれてきた今だからこそ味わえる満足感なのでしょう。

ただ、Vita TVの存在ってあまり知られていないと思います。SCEもやる気あるのかないのか良く分からない売り方なのも問題だと思うのですが、これがあまり認知されていないのは凄く勿体ないと思いました。

Vitaが大画面で表示されるだけ。言ってしまえばそれだけなのですが、Vitaが高機能なマルチメディア端末で、さらにゲーム機としてのポテンシャルも高いのだから大画面で表示される意味があるのだと思います。PSPの時とは訳が違う。それをうまく広く世間に伝えられればもっと注目されると思うのですが、Vitaそのものの販売が振るわない中ではどうしても後回しになりがちで、なかなか難しいのかも知れませんね。


PS Vitaを100倍使いこなす本 (100%ムックシリーズ)

PS Vitaを100倍使いこなす本 (100%ムックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2013/12/04
  • メディア: ムック



PlayStation Vita Super Value Pack 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック

PlayStation Vita Super Value Pack 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita TV (VTE-1000AB01)

PlayStation Vita TV (VTE-1000AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)

PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



縦置きスタンド for PlayStation Vita TV

縦置きスタンド for PlayStation Vita TV

  • 出版社/メーカー: ホリ
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)

PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game




PlayStation 4×FIFA 14 2014 FIFA World Cup Brazil Limited Pack (PS4専用ソフトウェア『FIFA 14』ダウンロード版プロダクトコード 同梱)

PlayStation 4×FIFA 14 2014 FIFA World Cup Brazil Limited Pack (PS4専用ソフトウェア『FIFA 14』ダウンロード版プロダクトコード 同梱)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



Play Station Vita TV レビュー(開封編)
Play Station Vita TV ファーストインプレッション

前の2件 | -
メッセージを送る