So-net無料ブログ作成
検索選択
Music Unlimited ソニーストア ソニーストア
前の2件 | -

マイクロUSBが付いたUSBメモリー USM-SA1シリーズ レビュー [その他SONY製品]

ソニーからおもしろいUSBメモリーが発売されました。

なんと通常のUSB端子とmicroUSB端子の二つの端子が搭載されているUSBメモリーです。

最近、Android端末はもちろんですが、WindowsタブレットなどにもマイクロUSB端子が搭載されてきています。データの共有なんてネットワーク越しにする方が楽な場合が多いですが、それでもネットワークが使えない環境もあったり、大容量のデータのやり取りには未だにUSBメモリーは必要です。

そんな時代に合わせたかのように発売されたのがこのUSM-SA1シリーズです。消費税が上がる前と言うのと、割引クーポンが使える期限が迫っていた3月末に購入しましたので、簡単にレビューをしたいと思います。

パッケージはものすごく簡易的。ビックリしました。エコですね。

DSC09991

裏には説明書き。

DSC09992

中もこれまた簡易的な説明書と本体のみ。

DSC09993

本体はものすごく小さい。

DSC09995

SDカードと比べてもこれぐらいです。本当にUSB端子ぐらいのサイズですね。

私が購入したのは16GBモデルですが、他にも8GBと32GBもあります。

DSC09997

当初、マイクロUSB端子の部分のキャップの開け方が分かりませんでした。パッケージの裏に書いてましたが、ひねるのですね…

一方、通常のUSB端子はキャップがなく端子がむき出しです。これはこれで少し心配です。

DSC09998

キャップはどこかに行かないようにコードが付いていますし、ストラップホールにもなるようになっています。良く考えられていると思います。

DSC00003

PCに取り付けてもほとんど邪魔になりません。アクセスランプはちょっと見にくいかな。

DSC00005

マイクロUSB端子を試すためにXperia Zで使ってみました。

Screenshot_2014-04-06-16-20-45

Screenshot_2014-04-06-14-57-26

基本的にはファイル管理アプリであるFile Managerを利用しますが、他のエクスプローラー系のアプリでも普通に使えます。File Managerはポータブルワイヤレスサーバー用のアプリなので、USBメモリーだけで使うにはちょっと多機能過ぎる気がしました。

DSC00006

驚いたのがこのUSBメモリーを取り付けるとウォークマンアプリとかちゃんと読み込みに行くので、再生可能でした。

転送速度ですが、USB2.0なのもありますが、結構遅いです。

crystalmark

一応VAIO Fit15Aからベンチ取ってみましたので、参考程度で。

まとめ

オンラインストレージが当たり前になって使う頻度は少なくなりましたが、外出先で大きなデータのやり取りがスマートフォンと出来るようになるのは意外と便利かも?と思っています。但し、iPhoneユーザーの方が大多数なので、友達とデータのやり取りとかには向かないかも知れません。

この手のは無くても困らないけど、あると便利なアイテムなので、常に鞄の中にでも携帯させておこうと思います。












ソニーストア

PS Vita PCH-2000 レビュー 外観編 [プレイステーション]

DSC09493

新型 PS Vitaのレビューですが、今回は外観を見ていきます。

DSC09465

私が購入したのはLime Green/White ですが、なかなか気に入りました。ポップ過ぎる感じもせず、ライムが良いアクセントになっていると感じたのです。

DSC09472

初代との比較は後でしますが、全体的に丸くなりポップになりました。

DSC09473

SELECTやSTARTボタンなども丸いです。

DSC09496

PSVITAのロゴが本体の下に表示されています。

DSC09495

上にはSONYロゴ

DSC09466

裏は全面ライムです。真ん中のPSロゴが印象的です。

DSC09477

背面カメラ。

DSC09467

下から見たところ。マイクロUSB端子になり、ヘッドホン端子などがあるのが分かります。

DSC09468

別の角度から。

DSC09475

下にメモリーカードを入れます。

DSC09487

マイクロUSB接続時。

DSC09469

横から見たところ。

DSC09470

上から見たところです。

DSC09478

別角度から。

DSC09489

ゲーム用のスロットの開閉はこのような感じ。

DSC09481

ランプはPSボタンが光る演出はなくなりまして、代わりに電源ランプと通知ランプが分離されました。

初代 PCH-1000との比較

やっぱり気になるのが初代との比較だと思います。

DSC09499

正面から見て感じるのは初代は全体がガラス張りで非常に高級感がありましたが、新型は液晶部分がはっきりと分かるようになりました。但し、液晶保護シートは格段にPCH-2000の方が貼りやすいです。

SELECTボタンなどが丸くなったことや、金属的な質感がなくなったことも分かります。

DSC09503

初代VitaのPCH-1000は言ってみればiPhone4のように周囲がシルバーで金属的な印象がありましたが、PCH-2000はその印象が大きく変わっていると思いました。

DSC09502

横から見ても全然印象が違う。そしてかなり薄くなりました。

下からみたところの比較。

DSC09504

裏。背面タッチパッドのデザインとグリップ部分の面積が新型の方が大きいのが分かります。

DSC09506

ディスプレイ品質の違いは過去のエントリーを見て頂ければ分かると思います。やはり有機ELのPCH-1000の方が綺麗なのは間違いないです。

まとめ

DSC09480

薄くそして軽くなった新型PS Vita PCH-2000。簡単にまとめると、ちょっと安っぽくなったけど、持ちやすくなったです。私は前のモデルが過剰過ぎた印象もあったので、これぐらいがちょうどゲーム機らしくて良いような気がしました。

Vitaは着実に進歩していますが、どうも未だにのんびりしているイメージは拭い去れません。Vita TVなどの派生モデルを出しても開発が追いつかないのなら本末転倒な気がしますが、本当にSCEはPS4含めて先の展開についての計画は大丈夫なのでしょうかね…ハードは良いので頑張ってもらいたいものです。



PlayStation Vita Wi-Fiモデル カーキ/ブラック (PCH-2000ZA16)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル カーキ/ブラック (PCH-2000ZA16)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)

PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)

PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック 限定版 (PCH-1100AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)

PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PS Vita PCH-2000シリーズ ファーストインプレッション
PS Vita PCH-2000 の画質を初代モデルと比較して驚いた。
PS Vita PCH-2000 レビュー 開封編
PS Vita PCH-2000 レビュー 外観編

前の2件 | -
メッセージを送る